芸能人の年収やギャランティー事情をまとめました。名前(項目)をクリックすることで説明・根拠が見れます。しかしこれらはあくまでも推定であり、人気や実力の変動、年によって増減があること、ランキングに掲載されていないだけでもっと稼いでいる芸能人がいること、表記している推定年収から大幅に税金が抜かれることを理解し、参考程度にご覧ください。, ある大手芸能プロダクションの関係者が「年収7~8億円というのはほぼ正しい試算」と述べ、国税庁の統計と照らし合わせても、芸能界で上位6人に入るほどの億万長者である。俳優業だけでなく、アーティスト活動も行っていることが大きな要因。, 近年ではドラマに引っ張りだこの名脇役。それでも推定年収5億円というのは相当高いが、遠藤憲一は、妻が社長を務める個人事務所に所属しているため、ギャラの全てが手元に入ってくる。例え1本のギャラが安くても仕事を引き受けることで仕事が途切れることなく、また大手芸能事務所のような派閥もないため起用する方もキャスティングしやすい。, 大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で一躍人気俳優に上り詰めた星野源は、二つの芸能事務所に所属している。俳優業は「大人計画」、音楽業は「アミューズ」だ。その中でも音楽による収入が高く、推定年収4億5,000万円を実現している。, 堺雅人は、ドラマや映画でも主演を務める超実力派俳優。「視聴率男」とも呼ばれ、多数のCMにも起用されているため、この年収は妥当な金額。妻の「菅野美穂」の年収と合わせると、世帯年収は6億円に達するとも言われている。, 渡辺謙は、ハリウッド映画にも出演するほどの超大物俳優。その割には推定年収3億円は少ない気もするが、その理由は「ギャラの高さ」が挙げられる。世界の渡辺謙ともなると、日本のドラマ1話に出演するだけで1,000万円近くのギャランティーが発生するため、制作側も気軽に起用できないのが大きな要因だ。, 民放テレビ局の幹部によると、木村拓哉の推定年収は約3億円になる。歌手活動だけでなく、お芝居もできるのが何よりの強み。SMAPが解散して一人になった今も、ドラマや映画、CM、ソロ活動と安定した収入を得ている。, ジャニーズのトップアイドルの櫻井翔。アーティスト活動だけでなく、ドラマやCM、キャスター業など活躍の場は多岐にわたり、推定年収は2億7,000万円と言われている。, 大手芸能事務所「研音」を代表するベテラン俳優の唐沢寿明。ドラマや映画だけでなく、CMにも多数出演しており、その推定年収は2億6,000万円程度。, ドラマやCM、ナレーションに引っ張りだこの高橋一生。その推定年収は2億3,000万円と言われている。ただし、これらはあくまでも「年収」のため、税抜き後の手取り額は1億4,000万円程度。, 若者から絶大な人気を誇る菅田将暉の勢いは止まらない。現在でも映画やドラマ、CMに多数起用され、若手俳優を代表する地位を確立。また近年では「アーティスト活動」も精力的に行ない、年収2億円程度を実現している。, 子役時代に、大人気ドラマ「GTO」でドラマデビューを果たした小栗旬。今では芸能界を代表する俳優と言っても過言ではない。主な収入源はドラマや映画、CMで、推定年収2億円を実現。, 小栗旬と同じ「トライストーンエンタテインメント」に所属する田中圭。一時期はメディア出演が落ちたものの、大ヒットドラマ「おっさんずラブ」で返り咲き、再び大ブレイクを果たす。映画やドラマだけでなくバラエティ番組にも出演し、今ではトライストーンエンタテインメントの稼ぎ頭となっている。, ピーク時の人気に比べれば少し落ち着いたものの、未だに安定の人気を誇る向井理。現在でもドラマやCMに多数出演し、推定年収1億円以上を誇る。, 幅広い役柄を演じられる阿部寛の収入源は、主に「映画」「ドラマ」「CM」。その中でもCM(テレビコマーシャル)の割合が最も大きいと言われている。, 小栗旬と同じ「トライストーンエンタテインメント」で活躍する綾野剛。映画やドラマ、CMなどの収入源があり、推定年収は1億円にのぼる。, あるテレビ番組で、プロ野球選手の則本昂大に年収公表を迫られ、「皆さんと同じくらい」と公言。, トライストーンエンタテインメントに所属する人気俳優の坂口健太郎。端正な顔立ちと甘いルックスからCMの契約本数が多く、推定年収は9,200万円程度だと言われている。, 若手俳優の中でもトップクラスの人気を誇る山崎賢人。主演映画や主演ドラマだけでなく、CMにも多数出演しているため、推定年収8,800万円を実現。, ドラマや映画、CMで活躍するベテラン俳優の西島秀俊。清潔感と爽やかなルックスで女性からの好感度が高く、多くのCMに起用されこの年収を実現している。, 「3年B組金八先生」で、金八先生役を務めた武田鉄矢は、今ではドラマや映画だけでなく、テレビタレントとしても活動しており、多くのバラエティー番組にゲスト出演などを果たしている。そのため、今でも8,000万円にのぼる年収を実現している。, 大人気ドラマシリーズ「相棒」の主演を務める水谷豊。その一本のギャラはなんと約350万円。代表作である「相棒」のギャランティーと、長年務めるCMによりこの年収を実現。, 好感度が非常に高い俳優の松坂桃李。ドラマや映画はもちろんのこと、CMの契約本数が多く、推定年収5,000万円を実現。, 日本を代表する実力派俳優の山田孝之。芸能界での地位を確立し、今でも映画やドラマ、CMに引っ張りだこ。推定年収は7,000万円にものぼる。山田孝之と同クラスの俳優で年収に差があるのは、所属する芸能事務所の違い。, 日本を代表する清純派女優。抜群の透明感と好感度でCMに多数抜擢。毎年の芸能界年収ランキング(女優編)では1位を取り続けるほどの常連。, 透明感抜群の清純派女優。映画やドラマだけでなく、CM本数の多さがこの年収を実現。芸能記者によると、トップ女優の収入の8割は、テレビCMの出演料とのこと。俳優に比べて年収が高いのも、CMへの出演本数の違い。, 遅咲きの人気女優。推定年収が4億円以上とかなりの金額になるが、それは所属事務所が個人事務所のため。やはり、大手の芸能事務所に所属するか、個人事務所で活動するかでは、収入に大きな差が生まれる。, 綾瀬はるかと共に、ホリプロを代表する人気女優。ドラマや映画はもちろんのこと、CMへの出演本数も多く、ギャラも他の女優とは桁違い。, 全盛期には年間10本を超えるCM本数を獲得するも、その勢いはおさまり年収は下落。しかし、大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で復活を遂げ、推定年収4億円超えを実現。, 日本を代表する実力派女優。ドラマや映画、CMの出演本数自体は他の女優陣と比べ少なめだが、ドラマ1本あたりのギャラの単価が300万円と高額。ちなみに下位の「広瀬すず」の単価は1本90万円と言われている。, 若者から絶大な人気を誇る広瀬すず。ドラマや映画、CMに引っ張りだこで、まだまだ若いにも関わらず推定年収4億円以上。1本あたりの単価は決して高くないが、CMやドラマへの出演本数の多さでこの年収を実現している。, 透明感抜群の人気女優。このランキングからわかることは、歴代の「朝ドラヒロイン」に抜擢された女優は、その好感度からCMに起用されることも多く、推定年収も跳ね上がっている。, 芸能リポーターによる調査で、桐谷美玲の推定年収が約3億2,180万円と推測。ドラマや映画、CMだけでなく「キャスター」も務めたことからこの年収を実現したが、結婚したことで現在は大幅に下落している。, デビューして以来、安定の人気を誇る長澤まさみだが、年収も3億円前後を維持している。その収入源はCMの割合が大きい。もちろん、この金額から税金などが引かれたものが「手取り」となる。, 日本を代表する人気女優。旦那の田中哲司は年収3,000万円ほどであることから、「年収格差が10分の1」と言われたことも。, オスカープロモーションの看板女優である米倉涼子。日本の芸能界を代表する人気女優でもあり、自身が主演を務める「ドクターX」シリーズは高視聴率を連発。そのため、ギャラ(ドラマ)の単価も1本500万円と、破格の値段。出演本数が少なくとも、単価の高さでこの年収を実現している。, 大手芸能事務所である「スターダストプロモーション」に所属する本田翼。ドラマや映画、CMで活躍する本田翼だが、近年ではYouTubeにも進出。その人気は凄まじく、本業の収入まで超えてしまうと言われているほど。年収は上昇傾向中。, 長年「CM女王」と呼ばれていた上戸彩。EXILEのHIROと結婚したことでその座を一度退いたが、大ヒットドラマ「昼顔」での復帰により、再び芸能界に返り咲く。, 人気女優の仲間入りを果たした土屋太鳳だが、芸能リポーターの推測によると、推定年収が2億4,160万円にものぼる。やはりテレビコマーシャルへの出演料が大きい。, 朝ドラヒロイン出身の高畑充希だが、ドラマや映画、CMなどに引っ張りだこで、推定年収は2億3,500万円とされている。, ドラマ、映画、CMなど、現在人気急上昇中の吉岡里帆。特にCMでは、多くの企業に起用され、「CM女王」に迫る勢い。いずれ落ち着きはくるも、年収2億円前後は維持するとみられる。, フォスタープラスに所属する広瀬アリス。少し前までは「広瀬すずの姉」という立ち位置でのメディア出演が多かったが、近年では独自のキャラを確立し、妹の広瀬すずにも引けを取らない人気を構築。ドラマだけでなく、CMやバラエティ番組など活躍の場は多岐に渡り、推定年収は2億円程度と言われている。, AKB48の初期メンバーである大島優子。全盛期のAKBを支えたことによりアイドルを卒業してからもその人気は根強い。ドラマや映画、CMと活躍の場は多岐に渡り、推定年収は2億円近いと言われている。, 大手芸能事務所「研音」に所属する若手女優、川口春奈。少し意外かもしれないが、年収が高いのはやはりCM契約数の影響。テレビCMの仕事があるかないかだけで、年収は大きく変動する。, 大手芸能事務所「ホリプロ」に所属するベテラン女優の深田恭子。一時期はメディア出演が少なくなっていたものの、近年ではドラマやCMに多数出演しており、推定年収は1億2,500万円程度。ちなみにホリプロはメディアの露出に関わらず「給料制」が取られている。, レースクイーン出身のモデル、菜々緒。近年では活躍の場を女優業にも広げ、「悪役」が似合う女優として地位を確立。ドラマだけでなくCMにも引っ張りだこで、推定年収は1億2,000万円程度と言われている。, 人気女優である吉瀬美智子だが、映画やドラマ、CMなどの出演料により推定年収は1億2,000万円とされている。しかし、吉瀬美智子の旦那は年収30億円を稼ぐ実業家と言われており、自身で稼ぐ必要がないため、本人のモチベーション次第ではすぐに下落する。, 彗星のごとく芸能界に現れた天才アーティスト、米津玄師。若者から絶大な人気を誇り、大ヒット曲を連発。「Lemon」や「馬と鹿」など、自身が歌う曲だけでなく、他のアーティストに提供した「パプリカ」や「まちがいさがし」といった楽曲も人気が爆発しており、芸能界で圧倒的な地位を確立。作詞作曲による印税、カラオケ印税、YouTubeの広告収入、ライブやグッズ収入など、その収入源は多岐に渡り、推定年収は7億円を超えると言われている。, 2018年をもって芸能界を引退した平成の歌姫、安室奈美恵。その人気は凄まじく、引退前の推定年収は約6億円にも達した。引退後の年収は大きく下落したものの、印税収入などにより十分な収入を得ている。, 桑田佳祐は過去の印税収入だけでも年間数億円入ってくるにも関わらず、アルバムを製作したり、コンサートを行なったりする際の「取り分」が通常よりも遥かに多い。これは、所属事務所であるアミューズにとって、桑田佳祐は創業メンバーに等しい存在であるから。, 「世界のYAZAWA」と呼ばれるほどの伝説的アーティストである矢沢永吉は、自社でグッズ通販やコンサート活動を行なって利益を上げる「YAZAWAビジネス」に改良を加え、年間数億円の資産を増やし続けている。, ミリオンセラーを出し続けた平成の歌姫、浜崎あゆみ。全盛期に比べればメディアへの露出は低いものの、ライブや印税収入で推定年収4億円を実現。, セレブ芸能人であるGACKTだが、本業のアーティスト活動に加えあらゆるビジネスも行なっており、この年収を実現している。, 日本を代表するトップアーティスト「B’z」のボーカルである稲葉浩志は、歌唱に対する印税収入のほかに、作詞作曲による印税収入が大きい。例えばカラオケの場合、1回歌われるごとに2~7円の印税が発生し、その額は「作詞家」「作曲家」「編曲家」に分配されるが、稲葉浩志の場合はカラオケで歌われるヒット曲が何十本もあるため、カラオケ印税だけでも大きな割合を占める。, 演歌界のドンである北島三郎。過去に存在していた「長者番付」では、2億6,000万円の年収が報じられた。現在では紅白歌合戦を引退し歌手活動を減少させたものの、今では「馬主」の方でも収入があるため、推定年収はこの金額程度と見られる。, Mr.Childrenとしてヒット曲を多数リリースしている桜井和寿だが、B’zの稲葉浩志同様、作詞作曲も手掛けているため、推定年収は2億5,000万円と言われている。, 日本の歌姫として絶大な人気を得た宇多田ヒカル。デビュー曲「Automatic」で日本中にムーブメントを巻き起こし、ファーストアルバム「First Love」は、日本で記録的なセールスを達成した。現在では活動拠点をロンドンに移したことから日本での露出はあまりないが、海外でも高く評価されている。, 長年トップアーティストとして活躍し続けてきた中島みゆき。「地上の星」や「時代」「空と君のあいだに」などが大ヒットし、今でも人気は根強い。メディア出演はあまりないが、カラオケ人気が高いため、印税収入でこの年収を実現している。多数のアーティストにカバーされている「糸」や、TOKIOの「宙船 」、ももいろクローバーZの「泣いてもいいんだよ」など、楽曲提供による収入も大きい。, シンガーソングライターとして男性から絶大な支持を得ている長渕剛。現在も新曲をリリースており、定期的に開催されるライブによりこの年収を実現。, 日本人で最も稼いでいるアスリートはテニスプレーヤーの錦織圭。賞金や年俸だけではここまでの金額には到底及ばないが、錦織圭の年収の高さは「スポンサー契約料」にある。日清食品やユニクロをはじめ、名だたる企業がスポンサーについており、その契約料は33億円にものぼるという。, 元アイドルの里田まいを妻に持つメジャーリーガーの田中将大。彼の収入の大半が野球の年俸であり、7年契約で1億5,500万ドルにも及ぶ。年間に計算すると約2,200万ドルで、23億8,800万円。, 日本人メジャーリーガーとして田中将大と共に稼いでいるのがダルビッシュ有。怪我に苦しんだりなどで不調時期も多いが、年俸だけでも2,100万ドル(約22億8,000万円)は稼いでいる。, 日本ツアーにおいて史上初となるルーキーイヤー賞金王となった松山英樹。その勢いは凄まじく、日本のプロゴルファーを代表する存在となっている。松山英樹は獲得賞金と、全日空やレクサスのスポンサー料でこの年収を実現しており、そのスポンサー契約料は10億円にものぼるという。, ゴルフ男子ツアー世界最年少優勝、最年少賞金王記録を持っている石川遼。全盛期と比較すれば勢いは落ちたが、今でも人気は健在。石川遼の年収の大半は「スポンサー料」で、例えばアウディとは3年契約で7億円、キャロウェイとは3年契約で18億円と言われている。, サッカー日本代表として活躍した本田圭佑。彼の年収はチームの年俸だけでなく、スポンサー料の割合が高い。また、本田圭佑自身が会社を経営しているため、全ての収入を合わせば推定年収10億円を超えると言われている。, サッカー日本代表として、本田圭佑と共に日本を牽引した香川真司。イングランド・プレミアリーグの名門チーム「マンチェスター・ユナイテッドFC」に在籍しているときは、年俸10億円と言われていたが、ドイツ・ブンデスリーガのチーム「ボルシア・ドルトムント」は年俸6億8,600万円と言われている。これにスポンサー料が加わるため、推定年収は9億円程度。, 田中将大やダルビッシュ有と共にメジャーリーグで活躍する前田健太。年棒は840万ドルで約9億円程度。, 実力・活躍によって年棒が大きく上下するスポーツ界だが、菊池雄星の年棒は約800万ドルと言われている。日本円に換算すると8億5,000万円程度。, 読売ジャイアンツで活躍する菅野智之。日本のプロ野球界で最も年俸が高く、その金額は6億5,000万円。, メジャーリーグで活躍する平野佳寿。その年棒は300万ドルで、日本円に換算すると3億2,000万円程度。, サッカー日本代表として大活躍した長友佑都。活躍の場を海外へと移し、一時期は年棒4億3,000万円に達したものの、直近は2億4,000万円程度。, お笑いビッグ3であるビートたけし(北野武)。映画監督として世界的な地位を確立したことで、ギャラの単価も高額。1本あたりの番組出演料は200万円~300万円と業界トップクラス。年間の納税額は、高いときには10億円にものぼると自身でも発言。オフィス北野から独立したことで、更にギャラは向上しているとみられる。, お笑いビッグ3である明石家さんま。吉本興業のトップでもあり、数々の番組MCを務める。芸能ジャーナリストの井上公造も、明石家さんまは月収1億円程度は稼いでいるとのこと。ちなみに吉本興業とは「エージェント契約」を結んでいる。, 猿岩石として「進め!電波少年」でブレイクするも、天狗になってしまったことがキッカケで人気は暴落しどん底を経験。しかし、再ブレイクから人気は回復し、今では不動の地位を確立している。MCを務めるレギュラー番組の数も業界トップで、ギャラ単価(1本あたりの出演料)は120万円~と言われている。, お笑いビッグ3と呼ばれる「ビートたけし」「明石家さんま」「タモリ」に続き、新ビッグ3と言われる「ダウンタウン」「とんねるず」「ウッチャンナンチャン」よりも稼いでいると言われているのが「爆笑問題」。その理由は、爆笑問題の太田光の妻である「太田光代」が社長を務める事務所に所属しているため。業界内では、タイタンの社長である太田光代のギャラ交渉が高いということでも有名。, 爆笑問題の出演料(1本あたりの単価)は240万円と言われており、お笑いビッグ3である「ビートたけし」にも引けを取らない。数々のレギュラー番組も抱えていることから、この年収を実現している。, 新お笑いビッグ3と呼ばれる「ダウンタウン」。その中でも松本人志は、バラエティ番組に加え、数々のTVCMに起用されていることからこの年収を実現。この推定年収は、週刊誌の「週刊大衆」が発表したものだが、松本人志自身もテレビ番組で肯定している。, 新お笑いビッグ3と呼ばれる「ウッチャンナンチャン」。その中でも内村光良は、大人気番組「世界の果てまでイッテQ」や「痛快TVスカッとジャパン」などのMCを務めていることから、相方である南原清隆よりも稼いでいる。内村光良の出演料は、日テレが「200万円~」、フジテレビが「230万円~」、テレビ東京が「210万円~」、NHKでさえも「110万円~」とされており、また内村光良が所属するマセキ芸能社はギャラの割合も良いことから、この年収を実現している。, ビートたけし、明石家さんまと並んで、お笑いビッグ3の最後の一人「タモリ」。長寿番組の「笑っていいとも!」時代は、1本につき200万円のギャランティーが発生しており、年収は9億9,000万円とも言われていたが、今では推定年収は6億5,000万円程度。やはり単価が高い。, 新お笑いビッグ3と呼ばれる「ダウンタウン」の浜田雅功。相方の松本人志に比べればTVCMに弱いが、バラエティ番組のMC業で大きく稼いでいる。, 今や「内村光良」や「浜田雅功」に並び、名司会者と呼ばれる上田晋也。数々のバラエティ番組でMC業を務めており、また「ナチュラルエイト」という少数精鋭の芸能事務所に所属しているため、ギャラの割合も高くこの年収を実現している。, 「くりぃむしちゅー」の有田哲平だが、MC業を多数務める上田晋也ほどではないものの、推定年収は5億3,000万円とされている。これは、個人事務所と言っても過言ではない所属事務所「ナチュラルエイト」の影響が大きい。, 落語界の大御所である笑福亭鶴瓶。大人気番組「世界仰天ニュース」のMCも務め、その他にもレギュラー番組を多数抱えていることからこの年収を実現。, 極楽とんぼの加藤浩次だが、大人気番組「スッキリ」のMCなどレギュラー番組を持っていることが大きく、また吉本興業とは「エージェント契約」のため、推定年収は3億8,000万円にものぼるという。, 芸能界の大御所である志村けんだが、ドリフターズの中では唯一現在でも様々なテレビ番組で活躍しており、一本当たりの出演料もビートたけしや明石家さんまと並ぶ300万円とされていることから、この年収を実現している。, 吉本興業の中でもトップクラスの知名度を誇るナインティナインの矢部浩之。「ぐるぐるナインティナイン」や「アウト×デラックス」など、レギュラー番組を数多く抱え、推定年収は3億7,000万円にのぼると言われている。, 今では超売れっ子MCとなった設楽統。朝の情報番組に加え、様々な人気番組でMCを務めており、番組出演数ランキングでも常にトップクラス。一本当たりの単価は、大御所に比べればまだ低いものの、量でカバーしている。, よしもとクリエイティブエージェンシーの稼ぎ頭でもある蛍原徹。MCを務める「アメトーーク!」の人気はトップクラスで、推定年収3億1,000万円とされている。, 吉本興業の中でもトップクラスの知名度を誇るナインティナインの岡村隆史。番組1本のギャラは100万円と言われており、推定年収は2億9,000万円だが、相方の矢部浩之よりも安い。これはレギュラー番組の本数の違い。, MCからひな壇芸人まで幅広くこなす千原ジュニア。その抜群の安定感から様々な番組に出演しており、その推定年収は1億4,000万円と言われている。, ジャニーズ事務所の元副社長「メリー喜多川」の娘である「藤島ジュリー景子」。ジャニーズ創業者である「ジャニー喜多川」が亡くなったことで事務所の社長に就任。その年収は6億5,000万円と言われている。ちなみに元社長である「ジャニー喜多川」の当時の推定年収は9億円、「メリー喜多川」の当時の推定年収は8億9,000万円。, ジャニーズ事務所の所属タレントの中でも群を抜いて稼いでいたのが元SMAPの中居正広。SMAPは解散してしまったが、元々中居正広はピンでの仕事が多く、バラエティ番組のMC業が主な収入源となっている。ジャニーズ事務所からの独立後は、更なら年収アップを期待。, ジャニーズ事務所の元アイドルで、現在はジャニーズ事務所の「副社長」を務める「タッキー」こと、滝沢秀明。元社長の「ジャニー喜多川」が他界したことでトップが入れ替わり、滝沢秀明は副社長の座についた。管理職の他にプロデュース業も行っているため、その推定年収は4億円程度と言われている。, ジャニーズ事務所の中でもスーパースターである木村拓哉。SMAPが解散しても独立することなく、ジャニーズ事務所からの信頼も厚い。中居正広との年収の差は大きいが、根本的に出演本数が大きくことなるため。, ジャニーズ事務所の報酬体系は基本「給料制」のため、露出度が増えても給料はある程度一定だが、一部のグループは「歩合制」で活動している。それが、解散したSMAPだったり、KinKi Kidsだ。そのため、働けば働くほど給料が増える。また、堂本光一は歌手活動の他に、自身が主演を務めるミュージカル「Endless SHOCK」の公演も行なっているため、相方の堂本剛より年収は多いとされる。, KinKi Kidsの二人は、ジャニーズ事務所の創業者「ジャニー喜多川」のお気に入りだった。例えメディアへの露出度が減少しても、ジャニーズは基本「年功序列(事務所への貢献度)」のため、露出が多い若手アイドルよりも年収が高くなる。, SMAP、KinKi Kidsに続き、TOKIOの長瀬智也がランクイン。長瀬智也はTOKIOのボーカルを務め、また歌手活動だけでなく、個人でドラマやCMでも活躍しているため、他のメンバーより少し年収が高い。, TOKIOのメンバーである「国分太一」の推定年収は9,100万円と言われている。ニュースキャスターや司会業もできる国分だが、出演本数が多くても「給料制」のため、中居正広のように大きく稼ぐことが難しい。, TOKIOのリーダーを務める城嶋茂。ジャニーズ事務所は、グループを管轄するマネージャーによって年収は大きく変動するが、TOKIOを管轄している藤島ジュリー景子社長は、タレントの取り分がそれほど大きくないため、SMAPなどとの収入に比べれば低い。, 松岡昌宏は、長瀬智也と同様「役者」としても活躍できるのが大きな強み。変動はあるものの、推定年収は7,800万円程度と言われている。, 全盛期に比べれば露出度はかなり減少しているものの、今でもテレビや映画で活躍している元少年隊の東山紀之。ジャニーズ事務所の「幹部」として在籍しており、長年ジャニーズ事務所に大きな貢献をしてきたため、推定年収は7,600万円を超えると言われている。, ジャニーズの中でもトップクラスの実力派俳優、岡田准一。ドラマや映画で度々主演を務め、日本アカデミー賞を受賞するほどの実力の持ち主。CMにも多数出演しており、V6の中でも一番の稼ぎ頭である。, SMAP、KinKi Kids、TOKIOに続く高額所得者は「V6」。V6のメンバーは、多少のバラツキはあるものの、推定年収5,000万円~7,000万円程度とされている。, ジャニーズ事務所は基本的に「年功序列」の考えのため、現在では露出がそれほど多くないメンバーでも、過去の功績を称え多額の報酬が与えられている。, V6のリーダー、坂本昌行。全盛期に比べればテレビへの露出は少ないものの、「井ノ原快彦」や「長野博」同様、6,000万円近い年収があると見られる。, 「マッチ」こと近藤真彦は、タレントでありながらジャニーズ事務所の「取締役」を務める数少ない人物。メディアへの露出は少ないものの、平の取締役だけで約4,000万円もの報酬があるため、働かなくてもこの年収を実現できる。また、近藤真彦はタレント業とは別に「レーシングチーム」を所有しており、獲得賞金やスポンサー料も収入源となるため、それらを合算すると1億円はくだらない。, V6のカミセン(Coming Century)メンバーである三宅健。露出は他のメンバーに比べて決して多い方ではないが、過去の貢献度により推定年収は5,300万円程度と言われている。, 数々の番組の司会を務める関ジャニ∞の村上信五。その活躍ぶりは「ポスト中居正広」とも言われており、推定年収は5,000万円にも及ぶ。, V6のカミセン(Coming Century)メンバーの一人である森田剛。彼も決して露出が多い訳ではないが、ジャニーズの黄金時代を築いてきた人物でもあるため、推定年収は4,800万円程度。, 世界で最も稼ぐ男優としてトップに立ったマーク・ウォルバーグ。SF映画の「トランスフォーマー」などにも出演しており、1年間で6800万ドル(約74億3,000万円)を稼ぐ。日本の俳優とは別次元だ。, 「ザ・ロック」との愛称で知られるドウェイン・ジョンソン。映画出演料は業界トップクラスで、年収は6,500万ドル(約71億円)を実現している。, 「ワイルドスピード」シリーズでドウェイン・ジョンソンと共演するヴィン・ディーゼル。大人気映画「アベンジャーズ」にも出演しており、年収は5,450万ドル(約59億6,000万円)。, 推定年収5,050万ドル(約55億2,000万円)を稼ぐアダム・サンドラー。ネットフリックス向けオリジナル映画製作の契約などにより年収が大幅増となった。, 世界で最も有名なアジア人のジャッキー・チェン。1980年にハリウッド進出して以来大金を稼ぎ続けており、推定年収は脅威の5,450万ドル(約59億6,000万円)。, 「スパイダーマン」や「アイアンマン」「アベンジャーズ」などの大ヒット映画に多数出演するロバート・ダウニー・Jr。推定年収は4,800万ドル(52億4,000万円)。, 日本で最も有名なハリウッドスターの一人、トム・クルーズ。全盛期はトップに君臨していたものの、現在の推定年収は4,300万ドル(約47億円)。, インド出身の大スター「シャー・ルク・カーン」。1990年代からヒンディー映画界で圧倒的な人気を誇り、アジア各国やアメリカ、ドイツ、イギリス、日本にも根強いファンがいる。推定年収は3,800万ドル(41億4,800万円)。, インドの映画史で最も有名な俳優と言われているサルマン・カーン。多くのボリウッド作品に出演しており、推定年収は3,700万ドル(40億4,000万円)。, インドの映画俳優兼プロデューサーの「アクシャイ・クマール」。やはりインドの映画産業の力は莫大なものがあり、推定年収は3,550万ドル(38億7,500万円)。, 「アベンジャーズ」や「マイティ・ソー」に出演するクリス・ヘムズワース。オーストラリアのメルボルン出身で、推定年収は3,150万ドル(34億3,800万円)。, 日本でもお馴染みのトム・ハンクス。俳優の他に映画監督やプロデューサーも務め、推定年収は3,100万ドル(約33億8,400万円)。, 「スターウォーズ」や「ジュラシックパーク」にも出演したサミュエル・L・ジャクソン。推定年収は3,050万ドル(約33億3,000万円)を実現している。, カナダ出身の俳優で代表作に「きみに読む物語」があるライアン・ゴズリング。推定年収は2,900万ドル(約31億6,500万円)。, カナダで俳優デビューし、後に活動の場をアメリカに移したライアン・レイノルズ。肉体派俳優としての地位も確立したライアン・レイノルズの推定年収は2,150万ドル(23億5,000万円)。, オーシャンズシリーズやオデッセイが代表作となるマット・デイモン。推定年収は2,100万ドル(23億円)。, 「アベンジャーズ」や「ボーンレガシー」が代表作となるジェレミー・レナー。推定年収は1,900万ドル(約20億8,000万円)。, 「スパイダーマン」や「ギフテッド」が代表作となるクリス・エヴァンス。推定年収は1,800万ドル(約19億7,000万円)。, 「ジュラシックワールド」で主演を務めたクリス・プラット。推定年収は1,700万ドル(約18億6,000万円)。, 「アベンジャーズ」や「アイアンマン」が代表作となるマーク・ラファロ。推定年収は1,300万ドル(約14億2,000万円)。, 世界で最も稼ぐ女優、スカーレット・ヨハンソン。大人気映画「アベンジャーズ」にブラック・ウィドウ役で出演したことで、収入が4倍以上に。, 日本での知名度も高いハリウッドスターのアンジェリーナ・ジョリー。代表作に「マレフィセント」などがあり、このクラスになると出演のギャラは数千万ドル(数十億)にものぼるという。, 映画「ラ・ラ・ランド」でヒロインを務めたエマ・ストーン。大作映画への出演によりその年の年収は大きく変動するも、「ラ・ラ・ランド」に出演した年は脅威の2,600万ドル(約28億8,000万円)を稼いだ。, 主演の人気ドラマ「フレンズ」が終了してから10年以上経った今でも休むことなく銀幕を飾り続けているジェニファー・アニストンだが、その収入の大半はエミレーツ航空などの広告によるギャランティーだ。その推定年収は1,950万ドル(約21億8,000万円)。, 世界で最も稼ぐハリウッド女優ランキングで毎年のようにランクインするジェニファー・ローレンス。主演の人気映画「ハンガー・ゲーム」のシリーズ終了に伴い、年収はほぼ半減したが、それでも1,800万ドル(約20億円)もの金額を稼いでいる。, ハリウッド映画だけでなくドラマでも稼ぐ、リース・ウィザースプーン。推定年収は脅威の1,650万ドル(約18億5,000万円)。, 「オズ はじまりの戦い」や「テッド」などの大人気映画に出演する、ミラ・クニス。推定年収は1,600万ドル(約18億円)。, ディズニー映画「美女と野獣」で主演を務めたエマ・ワトソン。推定年収は1,400万ドル(約15億5,000万円)。, 南アフリカからハリウッドに渡りスターとして活躍するシャーリーズ・セロン。年によってバラつきはあるものの、推定年収はエマ・ワトソンと同じ1,400万ドル(約15億5,000万円)。, 「プリティウーマン」が代表作のジュリア・ロバーツ。推定年収は1,300万ドル(14億5,000万円)。, オーシャンズシリーズにも出演するオーストラリア出身の女優「ケイト・ブランシェット」。推定年収は1,250万ドル(約13億7,000万円)。, ゴーストバスターズにも出演するアメリカの女優「メリッサ・マッカーシー」。推定年収は1,200万ドル(約13億2,000万円)。, 映画、テレビ共に高い実績を誇るエイミー・アダムス。「バットマン vs スーパーマン」や「ナイトミュージアム」にも出演しており、推定年収は1,150万ドル(12億6,000万円)。, ワンダーウーマンで主演を務めた、ガル・ガドット。映画の出演料だけでなく広告での収入も多いことから、推定年収1,000万ドル(約11億円)を実現。, 世界で最も稼ぐアメリカの女性シンガーソングライター、テイラー・スウィフト。彼女の曲「We Are Never Ever Getting Back Together」は、テラスハウスのテーマソングとしても有名だが、その年収は1億8,500万ドル、日本円にして約203億5,000万円にものぼる。, 世界の頂点に君臨するラッパー、カニエ・ウェスト。デビュー以来数えきれないほどの名曲を世に出しており、どれが一番の人気曲かもわからないほど。推定年収は1億5,000万ドルで、約162億円。, イギリスの男性シンガーソングライター、エド・シーラン。代表曲に「Shape of You」や「Thinking Out Loud」があり、その年収は1億1,000万ドル(約118億8,000万円)。, アメリカのロックバンド、イーグルス。世界的に大ヒットした「Desperado(デスペラード)」を手掛けたグループで、その年収は1億ドル(約108億円)。, イギリスの男性シンガーソングライター、エルトン・ジョン。代表曲に「Your Song(僕の歌は君の歌)」があり、年収は8,400万ドル(約90億7,000万円)。, 日本でも圧倒的な知名度を誇るアメリカの女性アーティスト、ビヨンセ。長年「長者番付」にランクインしており、その年収は8,100万ドルで日本円に換算すると87億4,000万円。, アメリカのラッパー、ジェイ・Z。彼は、カニエ・ウェストと共に「史上最高のラッパー」として評価されており、その年収は8,100万ドル(約87億4,000万円)にものぼる。, カナダ出身のラッパー、ドレイク。名実ともに北米を代表するアーティストの一人で、年収は7,500万ドル(約81億円)。, アメリカのラッパー、ディディ。本名はショーン・コムズで、アーティスト活動以外にも俳優・MC・プロデューサー・経営者など、活躍の場は多岐に渡る。アメリカ史上最も成功したエンターテイナーの一人とも言われており、その年収は7,000万ドル(約75億6,000万円)。, 世界的に最も成功を収めたヘヴィメタル・バンドとして評価されているアメリカのメタルバンド、メタリカ。その年収は6,850万ドルで、日本円に換算すると73億9,000万円。, バルバドス出身の女性シンガーソングライター、リアーナ。全世界で2億5000万以上のアルバム&シングルを販売した記録も持ち、その年収は6,200万ドルで約66億9,000万円。総資産は6億ドル(約650億円)に達するという。, アメリカのラッパー、トラビス・スコット。世界の頂点に君臨するラッパー「カニエ・ウェスト」に影響を受けたといい、その年収は5,800万ドルで約62億6,000万円。, アメリカの女性シンガーソングライター、ケイティ・ペリー。彼女は日本での知名度も高く、年収は5,750万ドル(約62億1,000万円)にものぼる。, アメリカの男性シンガーソングライター、ジャスティン・ティンバーレイク。音楽活動以外にもファッションブランドやレストラン、俳優業にも力を入れており、その年収は5,750万ドルで約62億1,000万円。, アメリカの男性シンガーソングライター、ビリー・ジョエル。彼の代表曲である「Honesty(オネスティ)」は日本でも人気で、その年収は5,200万ドル(約56億1,000万円)にものぼる。, 日本でも絶大な人気を誇るアメリカの男性アーティスト、エミネム。「世界史上最も売れたアーテイスト」として長年長者番付にランクインし続けており、その年収は現在でも5,000万ドルで約54億円。, 世界を代表するロックバンド「ビートルズ」のメンバーとして、ジョン・レノンと共に多くの楽曲を作詞作曲した天才アーティスト、ポール・マッカートニー。全盛期を過ぎても未だに大金を稼ぎ続けており、その年収は4,800万ドルで約51億8,000万円。, イギリスの超有名ロックバンド、ローリングストーンズ。彼らはロック界の最高峰に君臨するバンドとも言われており、日本でも絶大な人気を誇る。その年収は4,100万ドルで約44億2,000万円。, 圧倒的な知名度を誇るアメリカの女性アーティスト、レディ・ガガ。革新的なダンス・音楽と、並外れた歌唱力、そして独特のファッションやパフォーマンスの数々で世界的な人気を博し、史上最も売れたアーティストの一人となった。2010年代に入ってからは女優としても大きな成功を収めており、その年収は3,950万ドルで、日本円に換算すると42億6,000万円。, カナダ出身の女性アーティスト、セリーヌ・ディオン。彼女の代表曲「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」は、タイタニックのテーマソングとして日本でも広く知られ、年収は現在でも3,750万ドル(約40億5,000万円)に達する。, アルゼンチン出身のスーパースター、リオネル・メッシ。その年収は群を抜いており、1億2,700万ドル(約137億2,000万円)にものぼる。, ポルトガル出身のスーパースター、クリスティアーノ・ロナウド。日本でも絶大な人気を誇るサッカー選手で、その年収は1億900万ドル(約117億7,000万円)。, ブラジル出身のスーパースター、ネイマール。トップ3は「プロサッカー選手」で占め、その年収は1億500万ドル(約113億4,000万円)。, メキシコ出身のプロボクサー、サウル・アルバレス。ボクシングはサッカーにも引けを取らないほどの高収入で、2018年にはプロボクサーの「フロイド・メイウェザー」が2億8,500万ドル(307億8,000万円)を稼ぎ出したほど。サウル・アルバレスの年収は、9,400万ドルで、日本円に換算すると101億5,000万円。, スイス出身のテニスプレイヤー、ロジャー・フェデラー。テニスはスポンサー契約料が高いことでも有名で、彼の年収は9,340万ドル(約100億8,000万円)にものぼる。, アメリカ出身のアメリカンフットボール選手、ラッセル・ウィルソン。アメフトは、全米No.1の大人気スポーツで、トップ選手は破格の年収が約束されている。ラッセル・ウィルソンの年収は、8,950万ドルで、約96億7,000万円。, アメリカ出身のアメリカンフットボール選手、アーロン・ロジャース。ラッセル・ウィルソンに次ぐ高額年俸で、その年収は8,930万ドル(約96億4,000万円)。, アメリカ出身のバスケットプレイヤー、レブロン・ジェームズ。アメリカのプロリーグ「NBA」は、アメフトと並ぶ人気スポーツで、トップ選手であるレブロン・ジェームズは、年収8,900万ドル(約96億1,000万円)にものぼる。, アメリカ出身のバスケットプレイヤー、ステフィン・カリー。歴代最高のシューターとして名高く、その年収は7,980万ドル(約86億2,000万円)にものぼる。, アメリカ出身のバスケットプレイヤー、ケビン・デュラント。アメリカといえば「メジャーリーガー(野球)」が稼いでいるイメージだが、実は野球よりも「アメフト」や「バスケ」の方が高額所得者が多い。ケビン・デュラントの年収は、6,540万ドルで約70億6,000万円。, アメリカ出身のプロゴルファー、タイガー・ウッズ。日本でも抜群の知名度を誇り、ゴルフ界のレジェンドとも呼ばれる彼だが、その年収は脅威の6,930万ドルで約69億円。, アメリカ出身のアメリカンフットボール選手、ベン・ロスリスバーガー。アメリカのプロリーグ「NFL」を代表する選手の一人だが、その年収は5,550万ドルで約60億円。, イギリス出身のF1ドライバー、ルイス・ハミルトン。日本でも知名度の高いレーシングドライバーだが、F1もスポンサー契約料が高く、その年収は5,500万ドル(約59億4,000万円)にものぼる。, イギリス出身のプロボクサー、アンソニー・ジョシュア。世界ヘビー級王者である彼の年収は、ルイス・ハミルトンと同じく5,500万ドルで約59億4,000万円。, アメリカ出身のアメリカンフットボール選手、カリル・マック。上位に名を連ねるアメフト選手は攻撃を専門とする「クォーターバック」がほとんどだが、このカリル・マックは「ラインバッカー」。NFL史上最も高額な契約をしたデフェンス選手として有名。その年収は、5,500万ドルで約59億4,000万円。, アメリカ出身のバスケットプレイヤー、ラッセル・ウェストブルック。彼も高額な年俸を実現しており、その年収は5,370万ドルで約58億円。, セルビア出身のプロテニスプレイヤー、ノバク・ジョコビッチ。日本でもその名前は広く知られ、年収は5,060万ドルで約54億6,000万円。日本の「錦織圭」の38億円を大きく凌ぐ。, アメリカ出身のプロ野球選手、マイク・トラウト。メジャーリーグ(MLB)で史上最高の選手の一人として人気を博し、その年収は5,060万ドル(約54億6,000万円)。, アメリカ出身のプロゴルファー、フィル・ミケルソン。経済大国であるアメリカのアスリートがランクインしてばかりだが、彼の年収も4,840万ドル(約52億3,000万円)に及ぶ。, アメリカ出身のバスケットプレイヤー、ジェームズ・ハーデン。彼もアメリカで絶大な人気を誇り、その年収は4,770万ドル(約51億5,000万円)にものぼる。, 日本を代表する漫画家の尾田栄一郎。彼が手掛ける「ONE PIECE」の勢いは留まることを知らず、世界的にも大ヒット。今や「ドラえもん」や「ドラゴンボール」に並ぶ国民的作品となった。推定年収31億円は、他の漫画家と比べても群を抜いている。, 全世界で大ヒットした伝説の漫画「ドラゴンボール」の作者である鳥山明。漫画の連載は終了しているものの、アニメ放送やキャラクターグッズの販売などが、今でも世界中で行なわれている。, デビュー作である「進撃の巨人」が大ヒットした作者の諫山創。アニメ化・映画化・ゲーム化など、単行本の印税だけでなく、その他での収入も大きい。, 尾田栄一郎が手掛ける「ONE PIECE」のライバルと言える存在の「NARUTO」。海外では「ONE PIECE」よりも人気が高いとも言われており、現在では連載は終了したものの、アニメ放送やグッズなどの収入が大きいため、この年収近くは稼いでいると思われる。, ワンピースに匹敵する超人気漫画「鬼滅の刃」を手掛ける吾峠呼世晴。日本中で空前のブームを巻き起こし、人気漫画家として不動の地位を確立した。, ヤングジャンプで連載中の漫画「キングダム」を手掛ける原泰久。この作品は芸能人のファンも多く、アニメ化によって一気に人気作品となった。原泰久の師匠は、あの「スラムダンク」の作者、井上雄彦。, 日本で最も有名なYouTuber、ヒカキン。ヒカキンは「HikakinTV」「HikakinGames」「HIKAKIN」「HikakinBlog」の4つのチャンネルを持っており、その累計登録者数は1,000万人を超える。それぞれのチャンネルから多額の収入があり、また企業案件やCM、番組出演なども多いことから、この年収を実現している。, 愛知県に本拠地をおく大人気YouTuber、東海オンエア。YouTube動画による広告収入と企業案件で、その収入は8億円にものぼるという。ただし、個人ではなくグループのため、一人一人の収入は分散される。, チャンネル登録者数は800万人を超える大人気YouTuber、はじめしゃちょー。アイドルのようなルックスでありながら面白おかしい動画を投稿しており、女性層からの人気が高い。人気YouTuberになると動画の収入に加え「企業案件」での収入も大きく、推定年収は6億円を超えるという。, 同じ中学校の同級生同士で構成したパフォーマンス集団の「フィッシャーズ」。動画による広告収入と企業案件を含めると、推定年収は2億8,000万円にのぼると言われている。ただし、フィッシャーズのメンバーが7人いるため、一人当たりの年収は4,000万円程度。, テレビ放送では「年収5億円」と公言するも、実際は5億円には満たないと言われているお騒がせYouTuberヒカル。それでも2億4,000万円程度は稼いでいると思われる。YouTubeでの収入は1億2,000万円程だが、自身で会社も経営しているため、その収入を合算することでこの年収を実現している。, 日本トップのYouTuber「ヒカキン」の実の兄である「セイキン」。動画の広告収入だけでなく、企業案件、イベント出演、CM出演を加えると、1億5,000万円程度にのぼると言われている。, よしもとクリエイティブエージェンシーとエージェント契約を結ぶ、明石家さんま。1974年、高校3年時に「2代目 笑福亭松之助」に弟子入りし、高校卒業後に内弟子修行を開始。その後関西ローカルを経て関東に進出。現在では「お笑いBIG3」として数々のバラエティ番組でMCを務めている。, 田辺エージェンシー所属のタモリ。1976年4月に放送された深夜番組「空飛ぶモンティ・パイソン」で芸能界デビュー。ビートたけしや明石家さんまと共に、日本のお笑いビッグ3と言われている。長年続いた長寿番組「笑っていいとも!」が終了して露出度が減り「タモリロス」が叫ばれて以来、プレミア感が増しており、また高年齢でスキャンダルでのCM降板の恐れも少ないため、重宝されている。, MLBシーズン最多安打記録保持者、プロ野球における通算安打世界記録保持者で、日本を代表する元プロ野球選手のイチロー。野球界のレジェンドのため、CMのギャランティーは高い。, よしもとクリエイティブエージェンシーに所属するダウンタウン。小学生からの幼馴染であった松本人志と浜田雅功が、高校卒業後に「ダウンタウン」を結成。その後、とんねるずやウッチャンナンチャンと共に「新お笑いビッグ3」と呼ばれるほどに。これらのギャランティーは、コンビでの金額ではなく「個人」でのギャランティー。, 元スマップのリーダー、中居正広。1986年、14歳の時に芸能界に入り、1991年にSMAPとしてデビュー。MCを務めるレギュラー番組も多く、お茶の間の知名度は群を抜いている。SMAPは解散してしまったが、中居正広のタレントとしての価値は全く下がっておらず、このギャランティーを実現している。, プロテニスプレイヤーの錦織圭。アスリート部門の年収ランキングで圧倒的な1位を獲得している理由はスポンサー契約の数と単価の高さ。やはり世界クラスのアスリートはCMのギャラも高い。, 男性フィギュアスケート界で知名度ナンバーワンと言われる羽生結弦。流行りの塩顔系男子として、特に20~50代の女性から絶大な人気を誇り、好感度も抜群。, マセキ芸能社に所属する内村光良。現在ではバラエティ番組のMCだけでなく、NHK紅白歌合戦の司会も務めるなど、芸能人としての格も更に上がってきている。, ジャニーズ事務所に所属する櫻井翔。13歳の頃から「ジャニーズJr.」として活動し、1999年に「嵐」を結成。名門校「慶応義塾大学」出身のアイドルとして、アイドル活動だけでなく、俳優、司会、キャスターなど多方面で活躍しており、その好感度の高さから多数のCMに起用されている。, トップコートに所属する菅田将暉。2008年に開催された「第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でファイナリストに選出され、芸能界デビュー。若手俳優の中でも特に演技が上手いと評判で、現在では映画にドラマに引っ張りだこ。CM出演料も、若手俳優の中では群を抜いている。, 茂田オフィスに所属する阿部寛。集英社が開催する「第3回ノンノボーイフレンド大賞」で優勝し、メンズモデルとして活躍。その後は俳優に転身し現在では多くの演技賞を受賞してきた「実力派俳優」にまで成長。好感度が高いことから、様々なCMで起用されている。, ホリプロに所属する綾瀬はるか。2000年に開催された「第25回ホリプロタレントスカウトキャラバン」で審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。以降は「清純派女優」として人気を確立し、現在は「国民的女優」にまで成長。好感度の高さや、美肌でもあることから、清涼飲料や美容系の広告塔として多数起用されている。, フォスタープラスに所属する広瀬すず。2012年に開催された「Seventeen」の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン2012」でグランプリを受賞し、芸能界デビュー。清純派女優として、映画やドラマ、CMに引っ張りだこで、最も勢いのある若手女優と言われている。, 子役から芸能界で活動している宮崎あおい。その演技力は折り紙つきで、日本アカデミー賞をはじめ数多くの演技賞を受賞。「日本アカデミー賞女優」というブランド力によって、この単価の高さを実現している。, フラームに所属する有村架純。2013年に放送された朝ドラ「あまちゃん」に出演したことがきっかけで一気にブレイク。現在では「清純派女優」という位置を確立しており、男女ともに評判が良いことから多数のCMに起用されている。, レプロエンターテインメントに所属する新垣結衣。デビュー当初から好感度の高さを維持し、今でも男女ともに変わらぬ人気を誇る。, 東宝芸能に所属する長澤まさみ。1999年に開催された、第5回東宝シンデレラオーディションで、最年少グランプリを受賞し、芸能界デビュー。その後はドラマや映画に大活躍で、日本アカデミー賞をはじめ数多くの賞を受賞した。現在では「大人の女性」というイメージもあるため、CMの幅も広がっている。, ホリプロに所属する深田恭子。第21回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞し芸能界デビュー。年齢を感じさせないほどの可愛い容姿で、癒しキャラとして男女ともに人気が高い。, オスカープロモーションに所属する上戸彩。長きにわたり「CM女王」と呼ばれ、「タレントCM起用者数ランキング」では2009年、2010年、2015年に女性部門で1位を獲得した。EXILEのHIROと結婚してからも好感度は落ちることもなく、現在でも多くのCMに起用されている。, スウィートパワーに所属する桐谷美玲。2014年に発表された「世界で最も美しい顔100人」では、日本人として最高の8位にランクインするほどの美貌の持ち主。また、キャスターなども務めていたことから「才色兼備」としてのイメージも強く、CMを出す企業側からも好まれている。, ホリプロに所属する石原さとみ。2002年に開催された第27回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞し、その後はスター街道まっしぐら。「女性が選ぶなりたい顔」ランキングにも毎年ランクインするほど、男女問わず人気が高い。, スターダストプロモーションに所属する北川景子。「女性が選ぶなりたい顔」ランキングでは毎年ランクインするほど、女性が憧れる国民的女優。CMは女性層を最も大事としているため、女性に人気があるかどうかが重要になってくる。, LIBERAに所属するローラ。おバカタレントとしてバラエティ番組に引っ張りだこだったローラだが、現在ではハリウッド女優を目指してアメリカと日本を行き来している。2017年のCM起用タレントランキングでは、15社契約で1位にも輝いた実績を持つ。, フジテレビのドラマ制作費(ゴールデンタイム)は、1話につき5,000万円~7,000万円と言われている。「月9」をはじめ、ドラマに力を入れるフジテレビだけあって、各局に比べドラマの予算は高い。, テレビ朝日のドラマ制作費(ゴールデンタイム)は、1話につき4,000万円~と言われている。「相棒シリーズ」や「ドクターXシリーズ」など、視聴率が取れる作品を持っていることが大きい。, TBSテレビのドラマ制作費(ゴールデンタイム)は、1話につき3,000万円~7,000万円と言われている。「ドラマのTBS」と言われるだけあって、力を入れるドラマ枠には多額の予算も費やしている。, 日本テレビのドラマ制作費(ゴールデンタイム)は、1話につき1,500万円~3,500万円と言われている。日本テレビは、ドラマよりもバラエティ番組に力を入れているため、各局に比べてドラマの予算は少ない。, NHKのドラマ制作費(ゴールデンタイム)は、1話につき5,000万円~と言われている。また、大河ドラマに関しては1話につき1億円~とも言われており、いかに力を入れているかがわかる。ただし、この予算の割合は時代劇のセットなどの割合が大きく、キャストへのギャラの割合は低い。, 連続ドラマの主演俳優のギャラは、1話につき100万円~200万円程度と言われている。昔は1クール12話が多かったが、近年は視聴率の低迷や打ち切りのリスク、また改変期に特別番組等を放送することが増えてきているため、9話~11話で完結することが多くなってきている。よって、1クール10話と考えても主演俳優のギャラは1,000万円~2,000万円程度。, フジテレビのバラエティ番組制作費(ゴールデンタイム)は、1回1,000万円~3,000万円程度と言われている。例えば、「ダウンタウンなう」で1,000万円、「ネプリーグ」や「ホンマでっか!?TV」で1,500万円、「おじゃMAP!