テレビで日本の工場で作っているメーカーはどこですか?どこのメーカーが日本での雇用に貢献していますか?知っている方教えてください。日本での雇用に貢献しているメーカーを応援します。又、出来るだけ、脱中国製をめざします。(尖閣 ソニーの業績改善を象徴するのがテレビ事業だ。 2015年3月期は売上高が前期比10.7%増の8351億円、販売台数は前期比110万台増の1460万台だった。 10年位前まではテレビ生産量世界一といえば日本。しかし今は見る影もありません。それでもメーカー別にみれば2015年まではサムスン、lgに次ぐ世界第三位はソニー… ブラビア(BRAVIA)とは、ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ(2014年7月まではソニー、2019年3月まではソニービジュアルプロダクツ)から開発・発売されているデジタルハイビジョンテレビ及び法人向けディスプレイのブランド名。, 本ブランド名は、日本国外においても用いられているが、本項では主に日本国内における製品について記載する。, BRAVIAはBest Resolution Audio Visual Integrated Architectureの略称で、2005年8月にソニーの経営不振の主要な原因になっていたテレビ部門の復活をこめて、ブランド変更された。以前のブランド名はWEGAであった。一方、同社の業務用液晶カラービデオモニターのブランド名は「LUMA」(ルーマ)である。韓国サムスン電子との合弁会社S-LCD(韓国牙山市)で生産する液晶パネル及び液晶モジュールを使用することで、短期間で液晶テレビの供給体制を整えた。, 2005年の年末商戦で成功し、シャープのシェアを圧迫するまでに売上が回復した。国内では「液晶はシャープ」のイメージが強く、AQUOSが圧倒的に強いが、海外ではソニーのブランド知名度の方が高く、2006年の液晶テレビ世界シェア(金額ベース)1位はソニーだった。 ソニー株式会社(英: Sony Corporation )は、東京都 港区に本社を置く、日本の多国籍コングロマリット。 世界首位のCMOSイメージセンサ などのハードウェア分野をはじめ、映画・音楽などのソフトウェア分野、およびハード・ソフト・サービスを横断する家庭用ゲーム機分野 に重点を置いている 。 ソニー株式会社(東証一部6758、社長兼ceo吉田 憲一郎)は、現在は中国の北京の工場で行っているスマートホンの生産を、3月末で中国の工場を閉鎖し、タイ工場に移管する事がわかりました。 1位 サムスン(韓国):20.1% 2位 LGエレクトロニクス(韓国):12.6% 3位 TCL集団(中国):7.1% 4位 ハイセンス(中国):5.9% 5位 ソニー(日本):5.5 6位 AOC(台湾):4.1% 6位 シャープ(日本):4.1% 8位 スカイワークス(中国):3.7% 9位 ハイアール(中国)3.0% 10位 パナソニック(日本):2.9% 12年以前は日本企業が上位を独占していましたが、サムスン・LGはここ数年で急速にシェアを伸ばしてきていてトップ2を独占しています。特に高級テレビのシェアが高いです。 また中国メーカーもローエンドモデルを中 … さらにLEDバックライト制御機能では、エッジ型には「Slim Backlight Drive+」が、直下型を採用したZ9シリーズには「Backlight Master Drive」を搭載している[注釈 3]。, 全シリーズ共通のユーザーインターフェイスとしては、クロスメディアバー(XMB)の採用が特徴。当初は2005年9月に発売されたXシリーズのみに採用され、携帯電話のような折りたたみ形のリモコンも特徴であったが、2006年9月に発売されたX2500シリーズではこれらのものを廃止し、使いやすさや見やすさを重視した 新シンプルリモコン が採用されている。その後、2007年4月に発売されたJ3000/J5000シリーズからクロスメディアバーが復活し全シリーズに採用されるようになったが、2011年春モデルからは再び廃止され、新しいUIが採用された。2007年9月以降に発売された一部機種には、無線通信を使用し画面に向けなくても操作できる「おき楽リモコン」が付属している。, 2015年モデルからはGoogleのテレビ向けOSである「Android TV」を搭載し、マイク内蔵リモコンまたはテレビ本体[注釈 4] に直接話しかけることによる音声検索やGoogle Playストアによるアプリの追加、Chromecast(旧Google Cast)接続が簡単にできるようになった。Android TV搭載で「チャンネルポン[注釈 5]」は廃止されたが、2017年モデルから復活し、2016年秋モデルのみ2017年6月のOSアップデートで対応した。また、2018年モデルから搭載されているGoogleアシスタントはAndroid TVを搭載した2017年モデル及び2016年モデルの一部(Z9D/X8300D/X7000Dのみ)にも2018年9月にソフトウェアアップデートによる機能追加[3] によって搭載されるようになり、Amazon Alexaは2018年秋モデルのA9F/Z9Fシリーズに加え、Android TV搭載の2016年以降のモデル(2016年モデルはZ9D/X8300D/X7000Dのみ)でも2018年10月のソフトウェアアップデートにより対応する(アップデート完了後、ホーム画面に「Amazon Alexa 連携設定」アプリが表示されるようになる)[4]。, シャープの「亀山モデル」に対抗して「稲沢モデル」を名乗ったり(後述)、ワンセグ対応携帯電話でも「AQUOSケータイ」に対抗して「BRAVIAケータイ」を発表したりと、「AQUOS」を意識している傾向が見られる。, なお、地上デジタルテレビジョン放送非対応機のみが最後まで生産されていたトリニトロンカラーテレビが2007年4月に生産を終了したため、ソニーはブラウン管テレビおよび地デジ非対応テレビがラインアップから消滅した。また、WEGAブランド時代はプラズマテレビの販売もしていたが、BRAVIAブランドのプラズマテレビはラインアップされていない。, ソニーは当初から37型及び42型の液晶テレビは販売せず、その代わりに40型を販売している(近年は競合他社も37型と42型を廃止して40型に統合するメーカーが増加している)。またかつては衛星アンテナとアンテナ周辺部品(アンテナプラグ・分配器など)を自社生産しており、ブラビアカタログにもソニーブランドの衛星アンテナと分配器などが掲載されていた。しかし赤字拡大などによるリストラや組織再編の一環として2014年までにソニーはアンテナとその周辺部品生産より撤退。ブラビアカタログからソニーブランドアンテナは消え、ソニーショップへ供給される衛星アンテナとアンテナ周辺部品は(マスプロ電工・日本アンテナ・サン電子・DXアンテナなどの)他社製品へと変わっている[注釈 6]。, ブラビアは2020年8月現在、24V型/32V型/43V型/48V型/49V型/55V型/65V型/75V型/77V型/85V型/98V型の11サイズがある。画面解像度は24V型はHD、32V型はHDとフルHDの2種類、43V型はフルHDと4K UHDの2種類、48V型~77V型のサイズは4K UHD、85V型は4K UHDと8K UHDの2種類、98V型は8K UHDとなる。, なお、個人向けモデルと同一のラインアップでホテル/旅館の客室、デジタルサイネージ運用などに向けた法人向けモデルがあり、後述するディスプレイモデルのBZ35F/BZシリーズ・8KテレビのKJ-98Z9G/BZ同様に、専用機能として「Proモード」やHTML5が搭載されるほか、3年間保証が標準付帯され、専用電話窓口の利用が可能となる。, なお、2020年4月時点で、Z9H/Z9G/A9S/A9G/A8H/X9500H/X9500G/X8550H/X8550G/X8500H/X8500G/X8000Hシリーズを除く8K/4K UHDモデル(過去のモデルを含む)でBS4K/110度CS4K放送を視聴する場合は別売りの外付け4Kチューナー(DST-SHV1)が必要となる(2015年以降のモデルではHLG方式で出力される)。, この機種から「新シンプルリモコン」が登場しXMBやベガゲートなどのナビゲーション機能は排除された。, 「ブラビア ネットチャンネル」対応機種であれば、現行の「Sony Entertainment Network」内のほとんどのサービスが利用可能である。, BRAVIAは、店頭でメーカーの「稲沢産」というPOPがついている。BRAVIAの設計、一部電子部品の製造、製品の組み立て、検査、梱包などは、愛知県稲沢市にあるソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ株式会社稲沢サイト(旧ソニー稲沢株式会社)で行われている(そこは、かつてソニーが誇った独自技術であるトリニトロン方式のブラウン管の主力製造工場だったことで知られる)。, しかしながら、シャープの「亀山モデル」とは違い、ソニーの場合は液晶テレビの重要デバイスであるアモルファスTFT液晶ディスプレイパネルをS-LCDなどの海外や、堺市の堺ディスプレイプロダクトで生産している。S-LCDはサムスン電子とソニーの合弁会社であり、堺ディスプレイプロダクトはシャープが約46%出資して、ソニーが約7%出資している会社である。そこで生産されているパネルはサムスン電子もしくはシャープの基礎技術がベースとなっている。, なお、Aシリーズ、Eシリーズのリアプロに関しては、SXRDパネル・透過型液晶パネルの生産はソニーセミコンダクタ九州熊本テック、セット組み立てはソニーEMCS一宮テックでソニー独自の手によって行われている。, 欧州向けはスペインのバルセロナ、スロバキアのニトラ、米州向けはメキシコのティファナなどでも製造している。, ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズがNTTドコモ向け、およびKDDI/沖縄セルラー電話の各auブランド向けに販売している携帯電話。, 競合他社製品として、シャープのAQUOSケータイ、日立のWoooケータイ、パナソニックのVIERAケータイ、東芝(→富士通東芝MC)のREGZAケータイ(→REGZA Phone)などがあげられる。, Backlight Master Driveは2016年秋モデルのZ9Dシリーズと2019年春モデルのZ9Gシリーズ(98V型・法人向け)、2020年春モデルのZ9Hシリーズ(85V型)のみ搭載。, 電源オフの状態で、テレビ本体の受光部に向けてリモコンのチャンネルボタン(数字ボタン)を押すだけで電源オンと選局を完了し、ボタンを押したチャンネルですぐに視聴できる機能。, Google アシスタントを楽しむ|Android TV接続情報|テレビ ブラビア/ベガ|サポート・お問い合わせ, Android TV を Amazon Alexa で操作する|接続情報|テレビ ブラビア/ベガ|サポート・お問い合わせ, BRAVIA in Business | 業務用ディスプレイ・テレビ ブラビア | ソニー, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ブラビア&oldid=80738482, A9S - 2020年4月に発表された、4K UHD・有機ELフラッグシップコンパクトモデル。最高峰モデル「MASTER Series」に属し、「ブラビア」の有機ELテレビで最小サイズとなる48V型となる。主要機能はA9Gシリーズに準じるが、デバイスの発光エリアを高密度制御して発光時間を最適化することで画面の明るさを保ったまま残像感を効果的に低減する「X-Motion Clarity(エックス モーション クラリティ)」が搭載され、「Acoustic Surface Audio(アコースティック サーフェス オーディオ)」は背面に設置されている2基の, A8Hシリーズ - A8Gシリーズ後継の4K UHD・有機ELモデル。BS4K/110度CS4Kダブルチューナーが新たに搭載されたほか、高画質プロセッサーがA9GシリーズやA9Sと同じ「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」に変更され、A9S同様に「X-Motion Clarity」を搭載。スタンドは左右を入れ替えるだけで画面の高さが高くなり、サウンドバーの設置が容易になる「サウンドバースタイル」への変更が可能な2wayスタイルとなった。リモコンは後述のZ9Hと同じ新型となり、自動音場補正機能も搭載された。, Z9H - 2020年2月に発表された、8K UHD・液晶フラッグシップモデル。最高峰モデル「MASTER Series」に属する。「ブラビア」の日本国内向けで初となる8K UHDモデルで、2019年発売の海外向けZ9Fシリーズをベースに、BS8K/BS4K/110度CS4Kチューナーの搭載、高画質プロセッサー「X1 Ultimate」の8Kテレビへの対応化(「8K X-tended Dynamic Range PRO(エクステンディッド ダイナミックレンジ プロ)」や「8K X-Reality PRO」を搭載)、自動音場補正機能などを追加した日本向けモデルとなっている。BS8Kダブルチューナーが搭載され、別売りのUSBハードディスクを接続してBS8K放送の裏番組録画も可能(なお、1基を視聴専用としているため、BS8K放送の2番組同時録画は不可。地上・BS・110度CSデジタル放送やBS・110度CS4K放送を録画する場合も同様)。Z9Dシリーズに搭載されていたバックライト技術「Backlight Master Drive」は8Kパネル向けに最適化。また、「ブラビア」の液晶モデルで初めて、シアターシステムを組み合わせる際にテレビがセンタースピーカーの役割を果たす「センタースピーカーモード」に対応。リモコンはA9Fシリーズと同じだが、「アプリ」のダイレクトボタンがIMAX Enhancedコンテンツを配信する, X9500Hシリーズ - X9500Gシリーズ後継の4K UHD・液晶の最上位モデル。X9500Gシリーズでは75V型のみの搭載だった光学設計「X-Wide Angle(エックス ワイド アングル)」を55V型・65V型にも拡大して搭載。スタンドは新形状となり、設置するテレビ台に応じて内側・外側の2ポジションから選択可能となった。リモコンは前述のZ9Hと同じ新型に変更、自動音場補正機能も搭載された。さらに、55V型以上のサイズでは既搭載の「Acoustic Multi-Audio(アコースティック マルチ オーディオ)」において背面上部に設置のトゥイーター(サウンドポジショニングトゥイーター)に独立駆動のアンプが搭載され、スピーカーは振動版の形状を, X9500Gシリーズ - 4K UHD・液晶の最上位モデル。BS4K/110度CS4Kダブルチューナーを搭載するほか、4K高画質プロセッサーに有機ELモデルの「MASTER Series(A9Fシリーズ・Z9Fシリーズ・A9Gシリーズ)と同じ「X1 Ultimate」が搭載され、「ドルビーアトモス」に対応。リモコンは無線リモコンとなり、アップルのHomeKit及びAirPlay 2に対応。「Netflix画質モード」も搭載された。また、55V型以上のモデルには画面背面上部の左右2ヶ所にサウンドポジショニングトゥイーターを備えた「アコースティック マルチ オーディオ」を、75V型と85V型は液晶フラッグシップモデルのZ9Fシリーズに搭載されている光学設計技術「X-Wide Angle」が搭載された。, X8550Hシリーズ - X8550Gシリーズ(55V型・65V型)の後継となる4K UHD・液晶モデル。リモコンが前述のZ9Hと同じ新型に変更された。, X8550Gシリーズ - X8500Fシリーズ(55V型・65V型・75型)の後継となる4K UHD・液晶モデル。BS4K/110度CS4Kダブルチューナーが搭載され、音響技術はX9500Gと同じ「アコースティック マルチ オーディオ」に変更し、「ドルビーアトモス」に対応。リモコンは無線リモコンとなり、アップルのHomeKit及びAirPlay 2に対応。, X8500Hシリーズ - X8500Gシリーズの後継となる4K UHD・液晶モデル。X8550Hシリーズとの違いは、音響技術の「Acoustic Multi-Audio」が非搭載となる点のみで、他の主要機能はX8550Hシリーズに準じる。リモコンが前述のZ9Hと同じ新型に変更された。, X8500Gシリーズ - X8500Fシリーズ(43V型・49V型)の後継となる4K UHD・液晶モデル。X8550Gシリーズとの違いは、音響技術の「Acoustic Multi-Audio」が非搭載となる点のみで、他の主要機能はX8550Gシリーズに準じる。, X8000Hシリーズ - X8000Gシリーズ後継の4K UHD・液晶スタンダードモデル。プロセッサーがX8500H/X8550Hシリーズと同じ4K高画質プロセッサー「HDR X1」に変更され、55V型以上のサイズにはX9500Hシリーズと同じ新型スピーカー「X-Balanced Speaker」が搭載された。リモコンが前述のZ9Hと同じ新型に変更された。サイズラインナップは75V型が追加され、5サイズとなった。, W730Eシリーズ - 2017年1月に発表された、W730Cシリーズ後継のフルハイビジョンモデル。W730Cシリーズで搭載されていた高音質機能(ClearAudio+、クリアフェーズテクノロジー、S-Forceフロントサラウンド、ボイスズーム、S-Masterデジタルアンプ)、ブラビアリンク、2画面表示、省電力機能が非搭載に、ネットワーク機能は無線LAN(IEEE802.11b/g/n)のみとなった。また、サイズラインナップが変わり、40V型は43V型にサイズアップした。, W500Eシリーズ - 2017年8月に発表された、W500Cシリーズ後継のハイビジョンモデル。電源オフ状態からリモコンのチャンネルボタンを押すことで、押したチャンネルに選局された状態で電源が入る「チャンネルポン」や全体の音量を変えずに声の音量だけを大きくする「クリアボイス」が搭載され、録画機能には「ジャンル検索予約」が追加された。, W450Eシリーズ - 2017年8月に発表された、W450Dシリーズ後継の小型ハイビジョンモデル。W500Eシリーズ同様に「チャンネルポン」や「クリアボイス」が搭載され、録画機能に「ジャンル検索予約」が追加された。, Z9G/BZ - Z9Hと同時発表された8K液晶搭載の法人向けモデル。これもBZ35F/BZシリーズと同様、信号検出による自動起動や本体キー/リモコンの使用制限などの設定を行うことが可能な「Proモード」を搭載するほか、HTML5によるソフトウェアプラットフォームも搭載されているため、ディスプレイ単体でのデジタルサイネージ運用も可能。なお、BS4K/110度CS4Kチューナーは搭載されるものの、BS8Kチューナーは非搭載となる。, X2500シリーズ - 「ライブカラークリエーション」や「ブラビアエンジンプロ」をはじめ、ソニーの高画質技術が惜しみなく投入されたフラッグシップモデル。D5端子を搭載。「フルHDパネル」を搭載。また環境に応じて6色のボディーカラーを用意している。ただし先代のX1000シリーズに搭載されていた, V2500シリーズ - 「黒」の美しさを、さらに際立たせるクール&モダンデザイン。「ライブカラークリエーション」、「フルHDパネル」搭載した量産モデル。, J5000シリーズ - ソニー10bitカラーパネル、ブラビアエンジンの高画質化にライブカラークリエーションを採用、モーションフロー(, J3000シリーズ - Sシリーズの後継。ブラビアエンジンの高画質化にライブカラークリエーションを採用(32インチ以上のみ)、DLNAといったネットワークシステムも対応、新スタンダードモデル。, X7000シリーズ - フラッグシップモデル。機能面は当時のX5000シリーズと同等でバックライトを蛍光管から, また、タイの王様使用というピアノブラックの部分がゴールドのタイプも存在する。世界に2台位 価格500万円以上, X5000シリーズ - 「ライブカラークリエーション」や「ブラビアエンジンプロ」等、X2500からの技術を受け継ぐと共に, W5000シリーズ - デザインとスピーカーの仕様が異なる以外はX5000シリーズとほぼ同一仕様。フレームがより細くなりX5000シリーズよりコンパクト。, V5000シリーズ - 倍速駆動や高音質スピーカーではないなど高品質機構が省略された上級型普及モデル。, V3000シリーズ - V5000に比べておき楽リモコン、地上アナログ放送のゴーストリダクションなどを省略した普及モデル。, F1シリーズ - デザイン重視の新モデル。倍速駆動を搭載している。32Vは非フルHD。V1シリーズとほぼ同じ仕様ながら、従来モデルよりもより細くなったフレームの採用と薄型化が特徴的。, V1シリーズ - V3000/V5000シリーズの後継。大画面の普及モデル。V3000/5000とは違い倍速駆動も対応した。(ただし、シングルチューナーであることやHDMI端子の数、倍速駆動の駆動数などで上位モデルとの差がある), J1/JE1シリーズ - J3000シリーズの後継。エントリーモデル。JE1は低消費電力版。, M1シリーズ - 小型モデル。ソニー最小の16V型も初めてラインナップに加わった(なお、16Vはシャープが2007年3月に初めて発売)。, ZX1シリーズ - 世界最薄モデル。チューナー分離型で、チューナー部とディスプレイ部の間は映像・音声とも無線伝送。, W5シリーズ - W1シリーズ後継。世界初4倍速液晶「モーションフロー240コマ」搭載のダブルチューナーモデル。おき楽リモコンには、Felicaポートを搭載したほか、環境に配慮し、電源コードを抜かずに電源オフ時の電力をほぼ0Wにできる主電源スイッチを新たに搭載している。, F5シリーズ - F1シリーズ後継。世界初4倍速液晶「モーションフロー240コマ」搭載のシングルチューナーモデル。ただし32Vは非フルHDで2倍速駆動。シングルチューナーである以外は、W5シリーズと性能・機能はほぼ同一。, V5シリーズ - V1シリーズの後継。テレビの前から人が離れると自動で消画状態になり、再び人の動きを検知すると自動的に画面オンになる世界初の「人感センサー」や電源コードを抜かずに電源オフ時の電力をほぼ0Wにできる主電源スイッチを搭載した大画面省エネ機能搭載モデル。カラーはブラックとホワイト。, J5シリーズ - J1/JE1シリーズの後継。低消費電力設計により消費電力を削減。インテリアとしての上質なデザイン、カラーバリエーションを追求したエントリーモデル。リモコンはシンプルリモコンを採用。カラーは、クリスタルブラック・セラミックホワイト・アンバーブラウン・サファイアブルー。, ZX5シリーズ - ZX1シリーズの後継モデル。ZX1同様、世界最薄モデル。チューナー分離型で、チューナー部とディスプレイ部の間は映像・音声ともに無線伝送。世界初4倍速液晶「モーションフロー240コマ」を搭載。おき楽リモコンは、リンクメニュー対応で、, LX900シリーズ - 3D対応モデルの最上級シリーズ。LEDバックライトのオン/オフ技術により動きのある映像をさらになめらかにする「クリアモード」を追加した「モーションフロープロ240Hz」を搭載。LEDはパネルのエッジ部のみに配列した「エッジ型LEDバックライトパネル」を採用。また、液晶パネル部と前面のガラス板の間に新開発の樹脂を挟み込んだことでくっきりとした映像を映し出す「オプティコントラストパネル」を採用した。また、顔認識機能と動き検知機能付の「インテリジェント人感センサー」を搭載。かしこく節電できる3つのセンサーモードを搭載している他、画面に近づきすぎると映像が消えてメッセージとアラーム音で知らせる「近すぎアラーム」機能や座る場所を気にしなくても左右の音声バランスと映像を最適な状態に自動調整する「視聴位置自動調整」機能も備える。3D視聴に必要な3Dシンクロトランスミッターを内蔵しており、3Dメガネも最初から2個付属している。, HX900シリーズ - XR1シリーズ後継。先進の映像技術を結集した3D対応最高画質モデル。超解像技術「インテリジェントイメージエンハンサー」を搭載するほか、圧縮時に生じる特有のノイズを高精度で除去する「インテリジェントMPEGノイズリダクション」を搭載。さらに、4倍速液晶技術にLEDバックライトのオン/オフ制御技術を追加し、動きのある映像をさらにくっきりと再現する「クリアモード」を備えた「モーションフロープロ240Hz」を搭載する。LEDバックライトもシーンの明るさに応じて部分制御する直下型「インテリジェントダイナミックLED」を搭載し、映像本来の黒の深みを再現した。主電源スイッチ搭載、「ブラビア ネットチャンネル」対応。なお、3D映像を視聴するには、別売りの3Dシンクロトランスミッターと3Dメガネが必要となる。, HX800シリーズ - スリムベゼルデザインを採用した4倍速3D対応モデル。バックライトにエッジ型LEDバックライトを採用し、ブラビアでは初となるエッジ型LEDバックライトの部分駆動を実現する「ダイナミックエッジLED」を搭載。またパネルには光の分散や反射を抑える「クリアブラックパネル」を採用。さらに動きのある映像をさらにくっきりと再現する「クリアモード」を備えた「モーションフロープロ240Hz」も搭載する。3D映像を視聴するには、別売りの3Dシンクロトランスミッターと3Dメガネが必要となる。, HX700シリーズ - F5シリーズ後継。画面に当たる光の反射や拡散を大幅に低減し、画面がぼんやりと白っぽく見える「白ぼやけ」を最小限に低減した「クリアブラックパネル」を採用した4倍速モデル。「ブラビア ネットチャンネル」対応。, NX800シリーズ - リビングに調和する「モノリシックデザイン」を採用したLED+4倍速モデル。小型サイズのLEDをパネルのエッジのみに配列した「エッジ型LEDバックライトパネル」により、省電力と薄型化を可能にした。また、光の反射や拡散を大幅に低減し、「白ぼやけ」を最小限に低減した「クリアブラックパネル」も搭載する。「ブラビア ネットチャンネル」に対応し、無線LAN機能も搭載した。, BX30Hシリーズ - ブラビア初のHDD内蔵モデル。今視聴中の番組をリモコンの録画ボタン一つで録画でき、録画した番組を見るときも消去する時もリモコン一つで操作可能。地上デジタル放送画質で最大65時間の録画を実現している。〈ブラビア〉エンジン3搭載。カラーはブラックとホワイトの2色。, EX700シリーズ - V5シリーズ後継。ブラビアネットチャンネル対応ハイスタンダードモデル。高画質回路「ブラビアエンジン3」を採用するほか、倍速液晶技術「モーションフロー120Hz」を搭載し、さらに白色LEDをパネルのエッジのみに配置した「エッジ型, EX500シリーズ - 高画質回路「ブラビアエンジン3」や倍速液晶技術「モーションフロー120Hz」を搭載し、インターネット動画を大画面で視聴できる「ブラビア ネットチャンネル」に対応したフルハイビジョン液晶搭載の大画面ベーシックモデル。, EX300シリーズ - J5シリーズ後継。高画質回路「ブラビアエンジン3」を搭載し、インテリアにあわせて選べるカラーバリエーションをそろえた「ブラビア ネットチャンネル」対応エントリーモデル。カラーはホワイト、ブラック、ブラウン、ピンクの4色(ピンクはKDL-22EX300のみ設定)。, EX30Rシリーズ - Blu-ray DiscドライブとHDDを搭載した録画対応モデル。2番組同時録画も可能。性能面はEX300シリーズと同等。, EX710シリーズ - 前述のEX700シリーズの狭額フレームタイプ。フレームを狭くしたことで高さと幅が小さくなったため、EX700シリーズに比べ、32V型で約11%、40V型で約10%スリム化されている。機能面はEX700と同等で、人感センサー、LEDバックライト、倍速液晶「モーションフロー120Hz」などが搭載されている。「ブラビア ネットチャネル」対応。前述のEX700シリーズ同様、32V型もフルハイビジョンパネルを採用する。, HX920シリーズ - HX900シリーズ後継。「X-Reality(エックスリアリティ)」に高画質化技術", HX820シリーズ - HX800シリーズ後継。バックライトブリンキング技術を採用することで8倍速相当の残像低減を実現する「モーションフロー XR480」を搭載するほか、エッジ型LEDバックライトの部分駆動を実現する「ダイナミックエッジLED」を搭載する点以外はHX920シリーズと共通。HX800シリーズでは必要だった3Dシンクロトランスミッターを新たに搭載した(3Dメガネは別売り)。, HX720シリーズ - HX700シリーズ後継。無線LAN機能のオプション化(別売りのUSB無線LANアダプター対応)、「クリアブラックパネル」・「人感センサー」を採用する点を除いてはHX820シリーズと共通(3Dメガネは別売り)。, NX720シリーズ - 高画質回路「X-Reality(エックスリアリティ)」や倍速稼働とバックライト制御を行うことで4倍速稼働相当のなめらかな映像を実現する「モーションフローXR240」を搭載。無線LAN機能やインテリジェント人感センサーを搭載しており、別売りの3Dメガネを利用することで3D映像も楽しめる。, EX52Hシリーズ - 本体だけで最長約65時間の録画ができるHDD内蔵フルハイビジョンモデル。エッジ型LEDバックライトや「イーゼルスタンド」を採用するほか、映像をよりなめらかにする倍速駆動パネル+「モーションフロー120」も搭載されている。, EX42Hシリーズ - 本体だけで最長約65時間の録画ができるHDD内蔵モデル。エッジ型LEDバックライトと「イーゼルスタンド」の採用はEX420シリーズと同等だが、映像エンジンは「ブラビアエンジン3」を採用する。カラーはブラックとホワイトの2色。, EX720シリーズ - EX700シリーズ後継。新たに高画質技術「X-Reality(エックスリアリティ)」を搭載するとともに、従来の倍速駆動にLEDバックライトを上下2分割にしてON/OFFのバックライト制御を行うことで4倍速駆動相当のなめらかな映像を実現する「モーションフローXR240」を搭載。さらに3Dシンクロトランスミッターを内蔵しており、別売りの3Dメガネをかけることで3D映像も堪能できるスタンダードモデル。「ブラビア ネットチャンネル」・, EX72Sシリーズ - 前述のEX720に40W(20W+20W)の高出力を実現するTVサウンドバーを追加した高音質モデル。機能面はEX720と同等である。「ブラビア ネットチャンネル」・Skype対応。, EX420シリーズ - 新高画質回路「X-Reality(エックスリアリティ)」を採用。また、エッジ型LEDバックライトや人感センサーを搭載した他、「ブラビア ネットチャンネル」やSkypeに対応。一枚の絵画のように映像を飾る新デザインスタンド「イーゼルスタンド」を採用したスタイリッシュモデル。カラーはブラック、ホワイト、ブラウン、ピンクの4色(ピンクはKDL-22EX420のみ設定)。, CX400シリーズ - 新高画質回路「X-Reality(エックスリアリティ)」や人感センサーを搭載。「ブラビア ネットチャネル」やSkypeに対応したスタンダードモデル。, HX850シリーズ - HX820シリーズ後継。「X-Reality PRO」を改良し、新たに3D超解像機能を追加。参照するデータベースの映像ソースに「3D(飛出し用)」と「3D(奥行き用)」を追加したことで、よりリアリティな3D超解像処理ができるようになったほか、映像ソースから人間の顔を認識し、肌色の質感などをより自然で美しく見せるように処理する「美肌コントロール」も追加。また、HX820シリーズよりもランクアップした倍速機能「モーションフローXR960」には新たにインパルスモードを追加。各コマを4度書きして一番安定した4番目のコマのみバックライトを発光させることで非常にくっきりした映像を楽しめる。さらに、インターネットテレビ機能を拡充し、新たに設けられた「"Sony Entertainment Network"ポータル」に機能を集約。リモコンの「SEN」ボタン一つで簡単に起動することができる。液晶パネルの透過率とLEDバックライトを高精細制御する「ECOパネル制御」も搭載された。サイズラインナップを拡充し、新たに40v型を追加した。, HX750シリーズ - HX720シリーズ後継。高画質回路を「X-Reality」に、倍速機能を「モーションフロー XR480」に(インパルスモードはHX850シリーズ同様に搭載)、バックライトをエッジLEDに変更している点以外はHX850シリーズと同等。サイズラインナップを拡充し、新たに55v型と32v型を追加した。, EX550シリーズ - 高画質回路「X-Reality(エックスリアリティ)」とエッジ型LEDバックライトを採用し、「Sony Entertainment Network」に対応したスタンタードモデル。, EX540シリーズ - EX550シリーズ同様に、高画質回路「X-Reality(エックスリアリティ)」とエッジ型LEDバックライトを採用し、「Sony Entertainment Network」に対応。さらに、一枚の絵画のように映像を飾るデザインスタンド「イーゼルスタンド」を採用した小型スタンタードモデル。22v型はブラックとホワイトの2色展開である。, X9000シリーズ - フルHDの4倍の画素数を持つ4K UHD液晶パネルを採用。また、既存の, HX950シリーズ - HX920シリーズ後継。直下型LED「インテリジェントピークLED」は暗部のバックライト減光で抑えた電力を利用して明るい部分の輝度を高める上乗せ量をアップしたことで暗部の表現を保ちながら鮮烈な輝きを両立する高コントラスト映像を実現。また、高画質回路「X-Reality PRO」、倍速技術「モーションフローXR960」を継続採用し、パネルには液晶パネル部と表面のガラス板の間に特殊樹脂を充てんして一体化することで内部での外光の反射とパネルからの映像光拡散を低減するとともに、フレームと画面の段差がなく一枚板のようなガラスパネル造形とした「オプティコントラストパネル」を採用。スタンド部は軽快で上質な美しさを追求した新形状の「ループスタンド」を採用。さらに、液晶パネルの透過率とLEDバックライトを高精細制御する「ECOパネル制御」も搭載し、さらなる省エネを実現した。外付けハードディスク録画や「Sony Entertainment Network」に対応。, EX750シリーズ - EX720シリーズ後継。倍速機能「モーションフロー」の性能を向上。駆動パネルを倍速から4倍速に変更し、既に搭載済みのバックライト制御と組み合わせることで8倍速駆動相当のよりなめらかな映像を楽しめる「モーションフローXR480」を搭載し、残像感を低減した映像のみバックライトを点灯することでスポーツなどの素早い動きをくっきり映し出す「インパルスモード」も搭載した。また、バックライト制御により高コントラスト化と消費電力を両立した「ECOパネル制御」を搭載。外付けUSBハードディスクによる録画に対応しており、本シリーズではダブルチューナー搭載により、録画中でも別の番組の視聴が可能となり、放送中の番組を一時停止して続きから見ることができる「TVポーズ」機能も搭載した。なお、本シリーズでは3D機能が非対応となり、サイズラインナップも40V型のみとなった。, X9200Aシリーズ - 「ブラビア」の4K対応モデル1号機であるKD-84X9000の技術をベースにした4K対応フラッグシップモデル。KD-84X9000と同様に「4K X-Reality PRO」が搭載され、さらに、アメリカのQD Vision社が開発した発光半導体技術を取り入れることで従来のLEDバックライトディスプレイよりも色の再現領域を大幅に拡大した「トリルミナスディスプレイ」を採用し、「トリルミナスカラー」に対応したソニー製ビデオカメラ・デジタルスチルカメラで撮影した映像を撮影時の色合いのまま大画面で楽しむことができる。音質面では液晶テレビとしては初となる, W900Aシリーズ - 超解像エンジン「X-Reality PRO」とX9200Aシリーズにも採用されている色再現性に優れた「トリルミナスディスプレイ」を搭載したプレミアムモデル。4倍速技術とバックライト制御で動きの速い映像も滑らかに描写する「モーションフローXR960」も搭載するほか、スピーカーには全長約1.2mの, W802Aシリーズ - 超解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載したハイスペックモデル。「モーションフロー」を倍速+バックライト制御とした「モーションフローXR240」に、3D方式をパッシブ方式にそれぞれ変更し、「ロングダクトスピーカー」など一部の機能を非搭載にしている点以外はW900Aシリーズと同等。, W650Aシリーズ - 超解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載したフルハイビジョンスタンダードモデル。据置スタンドを壁掛け金具として使用できる「壁掛け対応テーブルトップスタンド」を採用。, W600Aシリーズ - 超解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載したハイビジョンスタンダードモデル。32V型は据置スタンドを壁掛け金具として使用できる「壁掛け対応テーブルトップスタンド」を採用。パーソナルサイズの24V型はブラックとナチュラルホワイトの2色がある。なお、24V型はW450Dシリーズが発売される2016年春まで継続販売された。, X8500Aシリーズ - 手持ちのホームシアターシステムなどのオーディオ機器と組み合わせて設置しやすいシンプルなデザインを採用し、その分、本体幅が短くなって設置性を向上。スピーカーは本体下部に設置した2Wayバスレフ型スピーカーと背面に搭載したアシストウーファーの組み合わせにより高音から低音まで広い音域で豊かなサウンドを再現する2.1ch サウンドシステムを採用。3Dはアクティブシャッター方式となる。これ以外の性能・機能はX9200Aシリーズと同等である。ファームウェア更新により、前シリーズのX9200AシリーズとX8500Aシリーズは、, X9500Bシリーズ - 4K UHDプレミアムモデルの最上位機。タッチパッドリモコン・マイク内蔵コミュニケーションカメラ・ポートリプリケーター同梱。, X9200Bシリーズ - X9200Aシリーズ後継の4K UHDプレミアムモデル。X9500Bシリーズ同様、タッチパッドリモコンとポートリプリケーターを同梱しているが、マイク内蔵コミュニケーションカメラは本体に内蔵されている。, X8500Bシリーズ - X8500Aシリーズ後継の4K UHDプレミアムモデル。X9500B/X9200Bシリーズ同様、タッチパッドリモコンとマイク内蔵コミュニケーションカメラを同梱している。また、サイズラインナップを拡大し、アクティブシャッター方式の3D方式に対応し、X9500Bシリーズ同様にロングダクトスピーカーを搭載した70V型と、49V型が新設されて4サイズとなった。, W920Aシリーズ - W900Aシリーズ後継のフルハイビジョンプレミアムモデル。W900Aシリーズ同様、超解像エンジン「X-Reality PRO」、「トリルミナスディスプレイ」、4倍速技術とLEDバックライト制御技術を組み合わせることでくっきりとなめらかな映像を表示できる「モーションフローXR960」、「ロングダクトスピーカー」を搭載。新機能として、全体の音の大きさを変えることなく映像に応じて声の音量だけを調整することができる「ボイスズーム」を搭載した。, W800Bシリーズ - W802Aシリーズ後継のフルハイビジョンハイスペックモデル。W802Aシリーズ同様、超解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載。また、W920Aシリーズ同様に「ボイスズーム」を搭載したほか、「S-Forceフロントサラウンド」は5.1ch入力信号をそのままダイレクトに5.1ch出力できる「5.1chダイレクト処理」が可能となり、広がり感や包みこむような空気感までリアルに表現できるようになったことで、W802Aシリーズで搭載済みの「Clear Phaseテクノロジー」とあわせてデジタル信号処理技術「ClearAudio+」にグレードアップされた。また、電源オフから1秒前後で素早く起動する「高速起動」や放送番組・録画番組などをリモコンの「番組チェック」で素早く呼び出して選択・再生できる「番組チェック」機能も備わった「快速設計」となり、番組を見ながら関連, W700Bシリーズ - 中型のフルハイビジョンハイスペックモデル。機能面は前述の42W800Bと同等で、32V型のみの設定である。なお、32V型でフルハイビジョンモデルが設定されるのは2012年春モデルの32HX750以来となる。, W600Bシリーズ - W650Aシリーズ後継のフルハイビジョンハイスペックモデル。W700B/W800Bシリーズ同様、「ボイスズーム」を備えた「ClearAudio+」や「快速設計」・「ソーシャル視聴/Twitter連携」・「サッカーモード」・改良型ルームリンクを搭載。W800Bシリーズでは搭載されている明るさセンサーと3D視聴機能が省かれており、W650Aシリーズに採用されていた「壁掛け対応テーブルトップスタンド」が非採用となった。サイズラインナップは40V型に加えて48V型と60V型を追加して3サイズとなり、60V型には倍速技術とLEDバックライト制御を組み合わせた「モーションフローXR240」も搭載される。, W500Aシリーズ - 32W600A後継のハイビジョンスタンダードモデル。スリムアルミフレームを採用することで省スペースで設置できる。スタンダードモデルにも全体の音量を変えることなく声の音量だけを調整できる「ボイスズーム」を備えている。なお、32W600Aに採用していた「壁掛け対応テーブルトップスタンド」は非採用となった。, W900Bシリーズ - 既存の42W800Bの上位機種として2014年8月に新設したフルハイビジョンプレミアムモデル。超解像エンジン「X-Reality PRO」に加え、「トリルミナスディスプレイ」、X9200Bシリーズに搭載されている高輝度技術「X-tended Dynamic Range」、倍速稼働パネルとバックライトオン/オフ技術を組み合わせることで4倍速相当の滑らかな映像を実現する「モーションフローXR240」を搭載。LEDバックライトは映像をブロック単位に分けて部分制御し、シーンに応じて不要な発光を抑えることで高コントラストを実現する「エッジ型LED部分駆動」に、スピーカーはW920Aシリーズと同じ「ロングダクトスピーカー」にスペックアップされる。, X9400Cシリーズ - X9500Bシリーズ後継の4K UHDプレミアムモデルの最上位機。新たに、映像を分析して分析結果を各ブロックに伝達することで精細感・色彩・コントラストを大幅に向上させる4K高画質プロセッサー「X1」を搭載。X9500Bシリーズから継続搭載される4K対応超解像エンジン「4K X-Reality PRO」・「トリルミナスディスプレイ」・「X-tended Dynamic Range PRO」に的確にコントロールすることで入力映像に左右されず高画質を実現した。また、日本国内の家庭用テレビで初めて, X9300Cシリーズ - X9200Bシリーズ後継の4K UHDプレミアムモデル。高輝度技術やLEDバックライトが後述のX9200Bシリーズと同じである点を除き、主要機能は前述のX9400Cシリーズと同じである。, X8500Cシリーズ - X8500Bシリーズ後継の4K UHDプレミアムモデル。X9400C/X9300Cシリーズ同様、4K高画質プロセッサー「X1」、Android TV機能、, W950Bシリーズ - 2015年春モデルで追加されたフルハイビジョンプレミアムモデル。W920Aシリーズで搭載されている「ロングダクトスピーカー」・「X-Reality PRO」、「トリルミナスディスプレイ」に加え、4K UHDモデルのX9200Bシリーズ同様に本体構造をくさび形とし、スピーカーをW920Aシリーズの2つから4つに増やし、ツイーターやウーファーを備えた大容量スピーカーボックスを収納したことで、高音質とデザイン性を両立する「Wedge design(ウエッジデザイン)」を採用し、既搭載の「S-Forceフロントサラウンド」は5.1ch入力信号をそのままダイレクトで5.1ch出力ができる「5.1chダイレクト処理」に対応したことで、「Clear Phaseテクノロジー」・「ボイスズーム」と合わせた音声信号処理技術「Clear Audio+」にグレードアップされ、高輝度技術「X-tended Dynamic Range」を搭載した。なお、W920Aシリーズで採用されていた「クリアブラックパネル(高画質パネル)」が非搭載となり、倍速機能もW920Aシリーズの「モーションフロー960(4倍速駆動パネル+バックライト制御、16倍速相当)」から「モーションフロー240(倍速駆動パネル+バックライト制御、4倍速相当)」にスペックダウンされた。, W870Cシリーズ - W800Bシリーズ後継のフルハイビジョンハイスペックモデル。4K UHDモデルのX9400C/X9300C/X8500Cシリーズ同様に、Android TV機能を搭載し、Google Castに対応したほか、X8500Cシリーズ同様に「トリルミナスディスプレイ」と「DSEE」も搭載した。サイズラインナップが一部替わり、W800Bシリーズに設定されていた42V型と入れ替えで43V型を新設した(なお、43V型は42W800Bでは非搭載だった「モーションフローXR240」が搭載される)。, W700Cシリーズ - W700B/W600Bシリーズ後継のフルハイビジョンハイスペックモデル。リモコンを改良し、電源オフの状態から視聴したいチャンネルボタンを押すだけで電源オンと選局を完了し、すぐに視聴できるようにする「チャンネルポン」を搭載した。, X9000Cシリーズ - 4K UHD薄型プレミアムモデル。液晶テレビの構成部品の一つである, X8000Cシリーズ - 2015年秋モデルとして2015年11月に発売された4K UHDスタンダードモデル。トリルミナスディスプレイと倍速稼働パネル/モーションフローXR240が非搭載という点を除く主要機能はX8500Cシリーズと同等なため、4K高画質プロセッサー「X1」、スカパー!プレミアムサービス(4K)チューナー、Android TV機能(Google Cast対応)、「DSEE」は本シリーズにも搭載される。なお、サイズは49V型のみの設定である。, W730Cシリーズ - 2016年1月に発売された、W700Cシリーズ後継のフルハイビジョンモデル。主要機能やスペックはW700Cシリーズと同じである。, W500Cシリーズ - 2015年11月に発売された、W500Aシリーズ後継のハイビジョンモデル。W500Aシリーズに搭載されていた超解像エンジン「X-Reality PRO」に替わり、自然な色合いでノイズの少ない映像を再現する高画質技術「クリアレゾリューションエンハンサー」を搭載したほか、W500Aシリーズに搭載されていた高音質機能(クリアフェーズテクノロジー、S-Forceフロントサラウンド、ボイスズーム、S-Masterデジタルアンプ)、ネットワーク機能(ソニーエンタテインメントネットワーク、無線LAN機能、スクリーンミラーリング、Video & TV SideView、関連検索/テキスト検索、ブラウザ機能、Wi-Fi Directモード、ソニールームリンク(クライアント機能))、ブラビアリンク・2画面表示・省エネ機能、MHL端子・光デジタル音声出力端子(AAC/PCM/AC3)が非搭載となり、最低限の機能(外付けUSBハードディスク録画対応、時計/タイマー機能など)に絞り込んだベーシック仕様となった。, X9350Dシリーズ - X9300Cシリーズ後継の4K UHDプレミアムモデル。超解像エンジン「4K X-Reality PRO」はフルHD以下の映像を4K解像度へアップコンバートする際のノイズ低減機能強化を行ったほか、音質面では磁性流体スピーカーのスピーカーコーンの振動板の素材にカーボンファイバーを採用し、音のレスポンスを速くしたほか、高剛性化により, X9300Dシリーズ - 4K UHDプレミアムモデル。本シリーズでは、エッジ型LEDバックライトのメリットを生かしながら、複数枚導光板を用いた新技術により、エッジから離れた飛び地の部分も独立して明るくするといったより細やかな光のコントロールを可能にすることで、高精度・高コントラストと薄型デザインを両立する「Slim Backlight Drive」を新採用。そのほか、高コントラスト技術にはX9400Cシリーズと同じ「X-tended Dynamic Range PRO」を搭載したほか、4K高画質プロセッサー「X1」や機能強化を行った超解像エンジン「4K X-Reality PRO」も搭載し、「トリルミナスディスプレイ」を採用。高音質変換機能の「DSEE」も搭載される。マイクボタン付の新型リモコンを採用するほか、ケーブル類をスタンド中央にまとめてリアカバーで覆ってスタンド底面の窪みに配線することで、外見からケーブル類が目立たない構造となった。別売りの専用壁掛けブラケットを使用することで壁から画面膳までの距離を36.7mmまで抑えた壁掛け設置が可能である。, X8500Dシリーズ - X8500Cシリーズ(55V型・65V型)後継の4K UHDプレミアムモデル。X9350D/X9300Dシリーズ同様、超解像エンジン「4K X-Reality PRO」の機能強化やマイクボタンを備えて音声検索が可能となった新型リモコンを採用。さらに、X9300Dシリーズ同様に、正面からケーブル類を見えなくする構造も採用されている。, W450Dシリーズ - 24W600A後継の小型ハイビジョンモデル。前述のW500Cシリーズ同様に、24W600Aに搭載されていた超解像エンジン「X-Reality PRO」に替わり、高画質技術「クリアレゾリューションエンハンサー」を搭載したほか、24W600Aに搭載されていた高音質機能(クリアフェーズテクノロジー、S-Forceフロントサラウンド、ボイスズーム、S-Masterデジタルアンプ)、ネットワーク機能(ソニーエンタテインメントネットワーク、無線LAN機能、スクリーンミラーリング、Video & TV SideView、関連検索/テキスト検索、ブラウザ機能、Wi-Fi Directモード、ソニールームリンク(クライアント機能))、ブラビアリンク、2画面表示、省エネ設定、MHL端子・光デジタル音声出力端子(AAC/PCM/AC3)が非搭載となり、外付けUSBハードディスク録画対応やタイマー機能(オンタイマー、スリープタイマー)、無操作電源オフ(無操作状態が4時間続くと自動で電源を切る機能)といった必要最低限の機能に絞ったベーシック仕様となった。, Z9Dシリーズ - 2016年秋モデルで新たに投入された4K UHDフラッグシップモデル。LEDをパネル背面に高密度に敷き詰め、一つ一つ独立して駆動するとともに、光学設計によって個々のLEDの光が隣接部分へ拡散することを防ぐことで、より細かい範囲での明暗のコントロールと高輝度化を可能にする「Backlight Master Drive(バックライト マスタードライブ)」や、4K高画質プロセッサー「X1」の約1.4倍の処理能力を持つとともに、それぞれのシーンの物体をオブジェクトごとに認識して色やコントラストを補正し、SDR映像をHDR映像相当にアップコンバートする「HDRリマスター」、超解像データベースにノイズ低減処理専用データベースを組み合わせることで低ノイズと高精細が両立した映像表現を可能にする「デュアルデータベース分析」、SDR映像の8ビットやHDR映像の10ビットの入力信号に対して、階調に14ビット相当の補完処理を施して滑らかなグラデーション表現を可能にする「Super Bit Mapping(スーパービットマッピング)4K HDR」で構成された4K高画質プロセッサー「X1 Extreme」を新たに搭載。このほか、4K対応超解像エンジン「4K X-Reality PRO」・「トリルミナスディスプレイ」・「X-tended Dynamic Range PRO」も搭載される。また、「番組チェック」に改良を加え、ジャンルカテゴリーの登録が可能となったほか、現在放送中の番組と次の番組を一括表示するユーザーインターフェイスに刷新した。デザインは画面とフレームの段差を極限までそぎ落とし、フレーム側面のスリットにペールゴールドを採用。背面カバーによってねじ穴や端子類がすべて隠され、テレビ本体の背面構造と配線の工夫によってケーブル類を背面に収めたことで正面視からケーブルが目立たないように工夫されている。なお、サイズは65V型・75V型・100V型の大型クラス3サイズの設定。100V型は受注生産で、メーカー希望小売価格が8%消費税込で756万円の超高額機種となる。, X8300Dシリーズ - X8500Cシリーズ(43V型・49V型)後継の4K UHDモデル。フラッグシップモデルのZ9Dシリーズ同様に、改良型の「番組チェック」を搭載し、X8300Dシリーズ同様に、裏側に配線をまとめることで正面からケーブル類を見えなくする新型スタンドを採用。カラーバリエーションも設けられ、ブラックと、シルバーに, X7000Dシリーズ - X8000Cシリーズ後継の4K UHDスタンダードモデル。今後実施されるアップデートにてHDR信号に対応したほか、Z9D/X8300Dシリーズ同様に、改良型の「番組チェック」を搭載し、X8300Dシリーズ同様に、裏側に配線をまとめることで正面からケーブル類を見えなくする新型スタンドを採用した。一方で、X8000Cシリーズで搭載されていた4K高画質プロセッサー「X1」、ワンタッチミラーリングを非搭載にし、リモコンはタッチパッドリモコンを非同梱にして音声検索機能付リモコンに変更した。サイズはX8000Cシリーズ同様、49V型のみの設定である。, A1シリーズ - 2017年春モデルで投入された「ブラビア」初の4K UHD・有機ELモデル。後述するフラッグシップモデルのZ9Dシリーズにも搭載されている4K高画質プロセッサー「X1 Extreme(エックスワン エクストリーム)」や4K対応超解像エンジン「4K X-Reality PRO」を搭載し、「トリルミナスディスプレイ」も採用されている。音質面ではパネルの背面左右にアクチュエーターを配して画面を振動させ、スタンドに内蔵したサブウーファーと信号処理技術によって音を出す音響システム「アコースティック サーフェス」を搭載。この音響システムとスタンドを背面に配置したことによってスピーカーやスタンドが正面からは見えない構造となり、ベゼルも極限まで薄くした。また、ケーブル類も背面スタンドに収納できるようになっている。Android TV機能は改良が加えられ、音声検索機能に, X9500Eシリーズ - X9350Dシリーズ後継の4K UHDモデル。X9300Dシリーズに採用されていた薄型バックライト技術が新たに採用され、改良型の「Slim Backlight Drive+」として搭載。また、X9350Dシリーズ同様に, X9000Eシリーズ - X9300Dシリーズ後継の4K UHDモデル。X9300Dシリーズに搭載されていた「X1」をベースに、「X1 Extreme」に備えている「HDRリマスター」と「Super Bit Mapping 4K HDR」を追加した「HDR X1」を搭載。サイズラインナップを拡大し、新たに49V型を追加して3サイズとなった。, X8500Eシリーズ - X8500Dシリーズ後継の4K UHD・液晶モデル。X9000Eシリーズ同様に、X8500Dシリーズに搭載されていた「X1」をベースに、「X1 Extreme」に備えている「HDRリマスター」と「Super Bit Mapping 4K HDR」を追加した「HDR X1」を搭載。サイズバリエーションを拡大し、新たに75V型を追加して3サイズとなった。, X8000Eシリーズ - X8300Dシリーズ後継の4K UHD・液晶モデル。A1/X9500Eシリーズ同様に新機能を追加したAndroid TV機能を搭載したほか、他のシリーズで採用されている「チャンネルポン」を搭載した。なお、X8300Dでは搭載されていた倍速機能(倍速駆動パネル/モーションフローXR240)が非搭載となった。カラーバリエーションが設けられており、ブラックとウォームシルバーの2色展開となる。, A8Fシリーズ - 4K UHD・有機ELモデル。A1シリーズ同様に4K高画質プロセッサー「X1 Extreme」や音響システム「アコースティック サーフェス オーディオ」が搭載されており、倍速駆動パネル(120 Hz)が採用されている。リモコンは上部に「Hulu」・「Netflix」・「U-NEXT」・「Abema TV」・「YouTube」のダイレクトボタン、中央にHDMI経由で接続している, X9000Fシリーズ - X9000Eシリーズ後継の4K UHD・液晶モデル。4K高画質プロセッサーを有機ELモデル(A1シリーズ・A8Fシリーズ)と同じ「X1 Extreme」に変更され、新たにバックライトの発光エリアを高精度制御して発光時間を最適化させる「X-Motion Clarity」が搭載され、リモコンはA8Fシリーズと同じ新型となった。, X8500Fシリーズ - X8500Eシリーズ後継の4K UHD・液晶モデル。A8FシリーズやX9500Fシリーズ同様に、リモコンを新型に変更された。サイズバリエーションが拡大され、43V型・49V型・85V型を追加して6サイズとなった。43V型と49V型は後述のX8000Eシリーズ同様にカラーバリエーションがあり、ブラックとウォームシルバーの2色展開となっている。, X7500Fシリーズ - 「4K X-Reality PRO」が搭載された4K UHD・液晶モデル。リモコンはA8F/X9000F/X8500Fシリーズと同じものが採用されている。, A9Fシリーズ - 4K UHD・有機ELフラッグシップモデル。新たに設定されたブラビアの最高峰モデル「MASTER Series」に属する。4K高画質プロセッサー「X1 Ultimate」、パネル制御技術「ピクセル コントラスト ブースター」、「アコースティック サーフェス」の進化形である3.2ch/実用最大出力(JEITA)98Wの「アコースティック サーフェス オーディオ プラス」を搭載。シアターシステムを組み合わせて本体をセンタースピーカーとして使用できる「センタースピーカーモード」に対応。Android TV 8.0 Oreo搭載、システム基板一新におけるアプリ起動時間の高速化、Googleアシスタントはテレビ本体にマイクを内蔵することによりハンズフリー検索に対応。リモコンはA8Fシリーズと同じ新型となった。, Z9Fシリーズ - 4K UHD・液晶フラッグシップモデル。有機ELモデルのA9Fと同じく、新たに設定されたブラビアの最高峰モデル「MASTER Series」に属する。4K高画質プロセッサー「X1 Ultimate」、独自の光学設計技術で斜めから視聴した時でも正面視聴時と同等の美しい表現が可能な「X-Wide Angle(エックス ワイド アングル)」を新たに搭載。X9000Fに先行搭載された「X-Motion Clarity」も搭載されている。A9Fと同じく、Android TV 8.0 Oreo搭載、システム基板一新におけるアプリ起動時間の高速化、Googleアシスタントはテレビ本体にマイクを内蔵することによってハンズフリー検索に対応。リモコンはA8Fシリーズと同じ新型となった。, A8Gシリーズ - A8Fシリーズ後継の4K UHD・有機ELモデル。主要機能はA8Fシリーズから踏襲されているが、スタンドが改良され、向きを前向きから後ろ向きに変えることで、前面にサウンドバーが設置可能な高い位置に変えられる2wayスタンドとなった。尚、本体アップデートにて、ドルビーアトモス、AirPlay、Apple HomeKitにも対応する。, X8000Gシリーズ - X7500Fシリーズ後継の4K UHD・液晶モデル。サイズラインナップは65V型が追加され、4サイズとなった。, 2006年~2007年にかけては、Bajune Tobetaによるボサノバとサンバを融合した曲「太陽の色 FEAT.サイゲンジ」が使用された。.